おしらせ

2013年は、ぼちぼち更新していきます。過去ブログも無事引っ越し完了。興味のある方はカテゴリーからどうぞ♪


  • よろしくおねがいします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福袋



毎年恒例のエスニックショップの福袋

注文してすぐ届いたので自分へのクリスマスプレゼントになりました

このショップは縫製もしっかりしていてデザインも奇抜すぎないので好き
福袋のお楽しみは開けるまでと割り切っていたけど、今回は大当たり
スポンサーサイト

久しぶりすぎる更新

最後に更新してから時間が経ち過ぎてしまいIDもパスワードもすっかり忘れてました

スマホにしてからパソコンに向かうことも減って、最近では寒いのでスマホをかかえてこたつにもぐってます

なんとかログインできたのでこれからはちょこちょこ更新できたらいいなぁ
ブログつながりでおつきあいのあった方とまたご縁をいただけるかどうかわかりませんが、偶然ここを見られたなら声かけてくださいませ



試しに昨日の夜のクリスマスメニュー画像載せてみた
朝早くコストコに行って買ってきたもの
寿司、シュリンプカクテル、チキン、サラダ、写ってないけどケーキ
ケーキだけは普段よく食べてるコストコのアメリカ~ンな甘い大容量のものでなく、ふつうのクリスマスケーキをスーパーで購入

家族で朝イチでコストコに行き、そのあと近くのコメダ珈琲店へ
息子が受験生なので家族で出かけるのも久しぶりだし、息子とダンナは初コメダ
なのでシロノワールと期間限定のチョコノワールもしっかり注文
コーヒーチケットがまだ何枚もあったので娘のソーダにソフトクリームを大量投入


こんな感じで我が家の2014年のクリスマスはひと足早くすませました
今日はイブですが、子供たちはもう大きいので
サンタさんは…来ない?かな

ホーチミン旅行 ④ おいしかったものと街の風景

旅行の写真、まだ余ってるので今回はドドッと載せてみた


DSC01158.jpg
ホテル近く、ファングーラオ通りのシントー(シェイク)屋台
果物を選ぶとたっぷりのコンデンスミルク、氷、水とともにミキサーにかけて作ってくれる
食事のたびに飲んでた
あまくておいしい~
DSC01180.jpg
果物屋の店先


DSC01133.jpg
都会だけど、こんな感じの光景もまだ見られる
ノンというベトナムの笠姿のおばあさんが食べ物を売ってます
DSC01132.jpg
よく見かけた神様を祭っている祠
びっくりしたのはそこが銀行のロビーだったから

DSC01138.jpg
ベトナム最大級のSC【ビンコムセンター】
にあるチェーン店のフォー屋の看板
DSC01139.jpg
そのとなりのフローズンヨーグルト屋さん
結構高いと感じたけど地元の若者の姿も
好きなフレーバーとトッピングを選ぶ
こんなおしゃれな店10年前にはなかった

DSC01138.jpg
DSC01141.jpg
ビンコムセンターのゲーセン
あなたはもしやピ〇チュウですか?
太鼓の達人もあった~(中国語版)
ドラえもんの歌あり

DSC01143.jpg
スーパーでみかけたあやしい日本語のスナック菓子(らしきもの)

DSC01144.jpg
DSC01145.jpg
DSC01146.jpg
ベンタイン市場のナイトマーケット屋台で食べた料理
チャーハン、かた焼きそば、エビ焼き、シントーなど
めちゃめちゃおいしかった~

DSC01151.jpg
中華街チョロンで見かけた下校時間の様子
バイクでお迎え多し

DSC01153.jpg
DSC01154.jpg
チョロンのお寺

DSC01159.jpg
DSC01160.jpg
DSC01161.jpg
ホテルの近くのしゃれたパン屋さんで売っていたケーキをおやつにテイクアウト
私が食べたのはマーブル模様のチーズケーキ、娘はマカロンが載っていてチョココーティングされた甘そうなケーキをチョイス
味は・・・正直イマイチ
日本でも昔よく食べたバタークリームの味
フレッシュクリームを使った繊細な日本のケーキに慣れた我々には大味に感じました
デニッシュやパン、マフィンはおいしかった(ようです)

DSC01163.jpg
DSC01162.jpg
店員さんが親切な「サイゴンキッチュ」店内のプロパガンダアート

DSC01177.jpg
DSC01176.jpg
庶民派ベーカリーも兼ねた惣菜屋?「ニューラン」の店先





テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

ホーチミン(ベトナム)旅行 ③

ホーチミン4日目
最終日は再びショッピング

今回の旅行は観光名所には行かなかったので街歩きとおいしいベトナム料理がテーマ


DSC01171.jpg
有名なカフェ《ケム・バクダン》

DSC01168.jpg私とダンナが食べたココナッツの殻にたっぷりのココナッツアイスとフルーツがはいったもの

DSC01169.jpg子供たちはガラス容器に入ったサンデー風の「バクダン・アイス」
ハス茶とお通しのベトナム菓子も
お菓子は手を付けなければ無料

暑いホーチミンで冷房の効いたカフェで食べるアイスのおいしいこと目がハート
夢中でアイスを食べていたら、娘が
「これ、なに?」
ライチに擬態するかのようにぴったりくっついているモノ・・・
白く細長いその姿は・・・
ム・シ!!!
え~~っ!アジアや中東の屋台ではハエがぶんぶん飛ぶ中での食事はめずらしくもないし驚きませんが、この手の虫は、ちょっと・・・
さっそく店員さんを呼んでクレームつけたら彼もギョッとした顔で慌てて器を下げていった
途中まで知らずに食べていた娘はテンション
新しく作り直した(と信じたい)ものをまた持って来てくれた
「もういらない」と言うかとおもいきや、おとなしくアイスを食べていた娘の姿に(たくましくなったな)と感じた母
食べ物に対するガチガチ保守派の息子にくらべ、娘はかなり冒険的で辛い物や未知の味にもチャレンジして「おいしい!」というタイプ(息子は食べようともしないタイカレーもおいしいと食べていたし)
旅行も大好きなので将来立派なバックパッカーになりそうだとちょっと楽しみ

ランチはショッピングセンターのフードコート

DSC01172.jpg私の食べたエビと豚のワンタン麺

DSC01173.jpg揚げ春巻き、マンゴーシェイク

ここでは2日目にもシイタケとチキンの釜めしを食べた
DSC01142.jpg

中華、インド、デザートといろんな種類の店がありわりと空いているのでけっこう穴場

午後は2010年にできたばかりの新観光名所サイゴン・スカイ・デッキへ
49階建ての展望台
パリでも、台北でも、バンコクでも、クアラルンプールでも旅行に行くとなぜか高い所に上りたがるダンナの提案で今回も行ってみた
新しいのに観光客もまばらで展望台にもほとんど人の姿はなし
無料の望遠鏡をのぞき、写真を撮って、閑散としている土産物屋を冷やかし、やたら最新式のキレイなトイレを使った後はすることもなくあっけなく観光終了
DSC01175_20130905155437c06.jpg展望台から見おろしたホーチミン市内
平べったいオレンジの屋根はベンタイン市場

夕方、行きたいところもなくなり、ホテルはすでにチェックアウトしているので戻って休むこともできないので、あちこちで見かけるベトナムコーヒーのカフェでまったりすることに
日本でも最近知られてきたチェン・グエン・コーヒー
164687987_org_v1377776579.jpg
TRUNG_NGUYEN_Coffee.jpg


DSC01178.jpg私のカフェラテ
日本のカフェで飲むのと変わらない味

DSC01179.jpg娘のオーダーしたベトナムアイスコーヒー
ドリップした後氷の入ったグラスに移し替えて飲む

最近ホーチミンにもスタバがオープンしてけっこう客も入っていたり、おしゃれなベトナムのカフェもあちこちにあったりして、ベトナムの経済発展はすごい

夜はホテル近くの店で最後の食事
混んでいたこともあってなかなか注文した料理がこず気をもんだけど、ここの料理はすごくおいしかった
DSC01182.jpg
DSC01183.jpg普通のチャーハンと春巻きだけど、もっと食べたい!と思わせる味
大急ぎで食べて(ホントはゆっくりいろんなものが食べたかった~)ホテルに戻り荷物をピックアップして予約していたタクシーに乗り空港へ

いつもそうだけど、旅行を終えて空港へ向かいながら街の景色を見てると感傷的な気分になる
多分もう来ることはないなと思う国もあれば、帰りたくなくて後ろ髪をひかれる思いで空港へ向かうこともある
ベトナムはどうだろうなぁ
「息子は2度と来るか!」と言っていたけど(笑)
私はもし今度来ることがあれば北部のハノイとか少数民族のいるサパに行ってみたいかな
ホーチミンは大都会でショッピングやグルメを楽しめるけど、バンコクや香港の方が私的にはワクワクするし好きかな


テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

ホーチミン旅行 ②

ホテルを選ぶ際に大きなポイントになるのが、我が家の場合朝食
アジアだとある程度のホテルはビュッフェで西洋風や現地食など好みで自由に選べるのがうれしい

今回宿泊したのは、バックパッカー街ファングーラオのElios Hotel
(☆☆☆)
入口は階段を上がったところ
従業員のお兄さんがドアマンをしてくれる
DSC01185_2013090515300675b.jpg


朝食は屋上のレストランにあり、テラス席もあるけどここはいつも西洋人旅行者でいっぱいで一度も座れず

DSC01129.jpgダンナの皿 色々な種類をたくさん

DSC01130.jpg息子の皿 甘いもの尽くし

DSC01131.jpgデザートの盛り合わせ
ベトナムではプリンとヨーグルトが有名で、これは毎日ハズせない
プリンは卵の味がしっかりするカスタード風味、ヨーグルトはねっとりして濃厚
すっごくおいしい!

DSC01148.jpg私の皿 フランスパンが美味しいので自分でパテや野菜を挟んでバインミー(ベトナム風サンドイッチ)を作る
となりの小さなどんぶりはおかゆ
写真にはないけどオーダーして作ってもらう麺類もあり

DSC01149.jpgケーキやベトナム風デザートの皿

DSC01167.jpgかき玉スープと焼きビーフン、などの皿

卵料理を作ってくれるシェフがいて目の前で焼いてくれる
オーダー制の麺類は日替わり
ベトナム、西洋料理の他に寿司(もどき)があった日も

街に出てから美味しいものを食べるのが目的なのについつい朝食を食べ過ぎてしまうのでした

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

ホーチミン(ベトナム)旅行 ①

またさぼってしまった

最近、目の調子が悪く、家の中ではメガネ生活なんだけど、20代のころに作ったものなのでかけてても0.1も見えないような視力
なので何もやる気にならず

おまけに煙霧やら花粉やらPM2.5やら、もうひきこもり状態です


記憶があいまいになる前に旅行の日記アップせねば

               ヴェトナム


今回は引っ越して初めての旅行
空港に近くなったのでかなり楽だった
ペットホテルも駐車場まで来てくれるのでわざわざ預けに行く必要もなかったし、なにより時間に余裕があってめずらしく空港でヒマを持て余したり・・




おおみそかの午後、成田からJALでホーチミンへ
初めて来たのは息子が4歳の時だったから、もう11年も前とはいえ、すっかりキレイになった空港にびっくりしながら、ファングーラオのホテルに着いたのは夜中
外は新年を祝う人が行きかいまだにぎやかなので心ひかれたけど、明日のために断念して就寝


最初に行ったのがホテルからも近いベンタイン市場

普段はネイルなんて無縁の主婦ですが、ベトナムに来たらこれでしょう!ということでネイルを
何度か値段交渉して娘とふたり両手に模様を入れてもらって400円
かなり粘ったんだけどこれより下がらずおばちゃんたちも機嫌悪くなってきたので妥協
ダンナとしゃべってたら、おばちゃん、あわてて隣に座っている観光客に聞こえないように「この日本人たちは1000円でやってるんだから秘密!」
かなりぼったくってます

DSC01135.jpg
娘のネイル

DSC01136.jpg
私のはオレンジ系、色も娘のより少ないしちょっと雑?!
後で知ったのが、現在では家賃の高騰でほとんどのネイル屋台が市場の外にでてしまったらしい
街中にもあちこちネイルサロンなどもありもうちょっと見てから選べばよかったかと思ったけど、娘にとっては旅行中限定のおしゃれなのでまあ、よしとしよう


DSC01121.jpg
鶏肉のフォー
DSC01122.jpg
牛肉のフォー

ランチは街中でよく見かけたフォーのチェーン店「フォー24」で
私とダンナは鶏肉のフォー
息子と娘は牛肉のフォーをふたりでシェア
DSC01123.jpg
あとは生春巻きと揚げ春巻き

隣に座っていた赤ちゃん連れのベトナム人夫婦が話しかけてきて、食欲のなさそうな息子(エスニック料理が苦手)に「これ食べてみて」と肉団子をくれたり私たちが「美味しい」というと喜んでくれたりしていい感じ

午後はホーチミンで一番賑やかなドンコイ周辺を歩き回る
以前来た時には「ザ・社会主義」って感じの百貨店くらいで、ファストフード店も1件しか見かけなかったけどカフェやおしゃれなショッピングセンターなどもたくさんあり、別の街のような発展を遂げていて勢いのよさを実感

唯一変わらなかったのはバイクの大洪水で道路を渡るのがこわかったこと
車が増えた分怖さが増した
1台のバイクに家族4人、ヘルメット無しが当たり前、幼児がドライバーと後ろの席の間に立ってたり赤ちゃん連れまでいて、見ているこっちがヒヤヒヤ


夜は、ホテル前にある公園で屋台やショーなどをやっていてにぎやかだったのでぶらぶら散歩
屋台でバインセオ2枚を4人でシェア
ベトナム風のお好み焼きなんだけど、野菜たっぷりヘルシーですっごくおいしかった
DSC01124.jpg
伝統料理を作るデモンストレーション中
DSC01125.jpg
バインセオを焼くお兄さん

DSC01126.jpg
大きいけど薄いのでそれほど量はない
見えないけど山盛りのハーブ類の皿も付く
ハーブはフォーにも付きベトナム料理にはかかせないらしい

DSC01127.jpg
それからフライドチキンと鳥のあぶり焼き、タイ風ミルクティなどを食べた
鶏肉は日本のブロイラーでは味わえないしっかりした味で感激


今回はカンボジアのように遺跡観光はなく、街歩きだけなので娘は出発前からガイドブックを見て行きたい店などをリストアップしてかなり楽しみにしてた
息子はというと、無表情で無感動、ただついて歩いてるだけ
そろそろ家族との旅行も卒業?とも思うけど、一緒に行く、というので連れてきたんだけど・・・
つきあってくれるだけまだいいのかな

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

あけまし・・・た

2013年もあけて早1週間

今年はmixiだけでなくこちらのほうもぼちぼち更新していきます
facebookも一応やってるけどいまいちおもしろみがわかってません


年末、我が家はこちらに行ってきました
    ヴェトナム

おいしいものたくさん食べて、エスニックグッズたくさん買えて楽しかったんだけど、
新年早々、ありえない事件も起こり波乱の幕開けとなりました

いずれブログに書くけど・・・

今年もどうぞ宜しくお願いします

カンボジア旅行 おいしかったもの~カフェ 「ブルーパンプキン」

久々の更新

2010年の年末~2011年のお正月にかけて旅行したカンボジア、かなり記憶が飛んでますが(笑)忘れないうちに書いておこう、っと

我が家の場合、旅行先を決めるときに大事なポイントになるのは《食べ物がおいしいこと!!》コレにつきます
昔はね、イケメンが多い国というのもポイント高かったけど、
今はもう・・・ね・・・
(ちなみに私的にはイタリアとかイスラエルが好み)


でも、カンボジアの場合は長年の夢だったアンコールワットがメインだったので正直食べ物にはあまり期待してなかった
が!結果的には食べたもの全てがおいしかった~
ずっと前に香港で、動物の血液を固めた物が入った<カンボジア風ヌードル>というモノに遭遇して以来カンボジア=血液の煮こごり(ゲテモノ)と脳にインプットされていた私でしたが、今回の旅行でみごと食べ物がおいしい国トップ3に躍り出ました

シェムリアップは観光地で現在急速に開発されているためか欧米のカフェのような店があったり、韓国料理の店もあった

我が家は高級な店には行かないけど、ふかふかのパンやパスタが恋しくなってしまった子供達のために西洋風カフェにも行ってみた

Blue Pampukin、ガイドブックにも載っている欧米人でにぎわっているカフェレストランです

1階はパン屋でおいしそうにディスプレイされたスィーツやパンなどが並んでます
が、階段を上がっていくと途中踊り場のようなスペースにもソファなどがあるけど2階へ
明るいフロアのかなりのスペースを占めているのがベッドのような広々としたソファで自分の家のようにくつろぐ観光客たちの姿
wifiがあるのでネットしている人多し

ブルーパンプキン
歩き疲れた我々もソファでまったり

BP 私の頼んだサンドイッチ
私が注文したカレー風味のサンドイッチ

BP シェイク
フルーツシェイク
私のレモンとヨーグルトのシェイクはヘルシー趣向なのかカンボジア風のこってり甘いシェイクが好きな私には正直物足りなかったけど、量はたっぷり

値段も高めだけど、なんといっても居心地がすっごくいいので、この店では食事よりお茶するのがいい!!

BP マカロン
テイクアウトしたマカロンすっごくおいしかった


テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

タプローム~カンボジア旅行4日目

シェムリアップ4日目

絶対行きたいと思っていた遺跡タプローム
アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「トゥーム・レイダー」のロケ地としても有名なところ
ここ、アンジェリーナ・ジョリー寺院と改名するっていう話があったくらいカンボジアは彼女に好意的らしい
彼女にカンボジア人の男の子の養子がいることも関係あるのかな
しかし、すごいよね、お父さんがブラピでお母さんがアンジーだよ!

娘の強い希望により事実上の最終日である本日もトゥクトゥクに乗る
車と違って風もホコリも直接顔にあたるのでコンタクトの私にはちょっとツライけど、気持ちいい
トゥクトゥクでタプロームへ

座席から前方を撮影

アンコールワットやトムに比べて道も悪いけど、そんなの関係ねぇ

トゥクトゥクから降りて遺跡まで歩いていると、どこからか音楽が・・・
森の中の細い道の両側に座って楽器を演奏している人たち
小さなグループになってあちこちいるんだけど、その人たちの座っているそばに張り紙
どうやら地雷の被害者らしく自分たちの演奏したCDを売っているみたい
観光客の姿はアンコールワットのほうが断然多いんだけど、こんな所で足を止める人は少なく・・・



クメール王朝のジャヤー・ヴァルマン7世が母のために建てたという仏教寺院タプローム
後にヒンドゥ寺院に改修されたため、多くの彫刻が削り取られたそう

アンコールワット比べてこじんまりした遺跡に足を一歩踏み入れて思わず息を飲む
DSC00838.jpg
樹がまるで生き物みたいに遺跡を飲み込んでいる

巨大なスポアンという榕樹(ガジュマルの一種)が巨大な蛇のように巻きついたり、鳥の足のような樹が寺院をつかんでいるように見えたり
鳥の足のような・・・

まるで血管のよう
この樹なんて血管みたいに見える

木の隠れ家

画像 077

画像 075

現在、アンコール遺跡群では各国が協力して修復を進めていることは以前に日記にも書いたけど、タプロームの修復に関してはその是非が問われているらしい
遺跡はほぼ発見当時のまま公開されているらしいが、ここまで侵食してる樹を切り離してしまったら果たして遺跡が無事なのかということらしい

タプロームを訪れる観光客はこの光景を見たいからこそやってくるわけだけど、
寺院の中は補強のための支柱がいたるところにあり、実際、崩れ落ちた遺跡の残骸もあちこちに転がっている

タプロームに興味のある方はなるべく早く行ったほうがいいですよ

アニメ好きな方にはピンとくるかもしれないけど、ここ「天空の城ラピュタ」のモデルだそうです

テーマ:旅の履歴書 - ジャンル:旅行

バーストリートの屋台 ~シェムリアップ滞在3日目  

いろいろあって途中になっていたカンボジア旅行記、来年にならないうちに更新しとこう、っと
シェムリアップ3日目のアンコールトム観光までが前回までの日記

今日は3日目の夕食のこと書こうかな・・




期待してなかったというより予備知識がなかったからカンボジア料理のおいしさには家族全員(エスニック料理好きではない息子までもが)大満足だったわけですが

観光客の多いバーストリートにある屋台街は夜になるとますますにぎやか
私たちが行ったときはバーベキューの店が多かった
画像 089

屋台街の一角はお祭りみたいな高揚感とバーベキューのけむり、そして料理のいいにおい
夕食を品定めする観光客と呼び込みの声、その横を飛ばしていくバイクや車で大賑わい

我々は笑顔のかわいいお姉さんが家族でやっている屋台に決定
2晩続けて通った娘お気に入りの屋台


お姉さんお勧めにしたがってバーベキュー、揚げ春巻き、鳥の炭火焼、どこで飲んでもハズレのないシェイクなどを頼む

鳥手羽揚げ~屋台
これは鳥の炭火焼かな

ダンナと娘は向かいの屋台に行列ができている人気らしいロティ(インドや東南アジアなどにあるクレープ状のパン)を買いに行く

私と息子はさっそく運ばれてきた揚げ春巻きをつまみながら道行く人々をながめボ~~~ッ
揚げ春巻き


そういえばこのすぐ先にあるカフェは映画のロケで来たアンジェリーナ・ジョリーが通いつめていたという話
屋台の向かいにはAジョリーも通ったという店
行かなかったが・・・
店内にサインぐらいあったかもしれない(といまさら思う)
カフェの手前がロティの屋台

ダンナと娘がロティといっしょに肉まんもテイクアウトしてきたのでぱくつく
DSC00833.jpg

ロティはなかにチョコソース入りの甘いもので新聞紙でくるまれていて見るからに油ギトギト
私は遠慮しといたけど、まあまあおいしかったらしい
DSC00831.jpg

バーベキューはプルコギみたいな感じで水分とか油が回りにたまっていくようになっていて、最後に麺をそのスープにからめながらいただきました
画像 090

野菜も肉も小さめにカットされていて、量もかなり少なめ
カンボジア式の特徴なのか使う油はマーガリンなのでなんだか西洋風の味
欧米人向けってことか
まずくはないけどこれだけじゃ物足りない

でもこういう店のいいところは持込してもOKなこと
お店の人も全然イヤな顔もしないしね
屋台のバーベキュー

その2
このお姉さんの笑顔にホレた娘のおかげで2晩続けて通うハメになった
娘はお姉さんといっしょに写真も撮ってもらってごきげん

テーマ:旅の履歴書 - ジャンル:旅行

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。