• home >
  • 赤ちゃん連れの旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れでアジア旅~バンコク

赤ちゃんのこぶたくんを連れて帰国後、我家の旅はもっぱらアジアになりました。



近いし、物価も安い(ところが多い)し、今までドイツに住んでいたこともあってヨーロッパや中東はけっこう行ったけどアジア方面は香港ぐらいしか行ったことがなかったし・・・。



帰国時のチケットはバンコクでストップオーバーできるようにしました。



ドイツ生まれのこぶたくんにとっては、初のアジア旅(それも日本より先に)



私自身もはじめてのバンコク。

ましてや赤ちゃん連れ。



いろんな不安はあったけど、それよりも(どんなところかなぁ)という期待の方が大きく・・・。





いや~、ハマりました

アジアのゴチャゴチャした雰囲気、おいしいご飯、私好みの雑貨・・・。

以来、バンコクには何度も行ってます。



私達が泊まったのは、カオサンに近いランブトリー通りのホテル。

(以後、ここは我々の常宿となりました。)



毎日、のんびり赤ちゃんのリズムに合わせて行動しました。



朝食後、午前中に一ヶ所どこかへ出かけてお昼を食べたらホテルへ戻ってお昼寝



その間に、交替でブラブラ街歩き。

(カオサン周辺は店が多いので、こういう時便利



夕方、再びお出かけ+夕食



こんな感じで9日間をバンコクで過ごしました。



確かに、大人だけで旅行していた時に比べるとかなり行動は制限されます。

行きたくてもガマンしなきゃならないことも。



大変だけど、子連れ旅のほうが現地の人とのコミュニケーションは以前とは比較にならないくらいあります。



まわりの人がと~っても親切にしてくれるし、子供好きの人が多い。

これはアジアだけじゃなくって、NYに行った時も感じたなぁ。



子連れ旅、おすすめですよ~。



でもね、子連れ旅に批判的な意見もあるらしい・・・。↓







先日、バックパッカーが多いと思われる某旅関係の掲示板をのぞいていたら・・・。

「赤ちゃん連れでバンコクを旅したい。」という母親に、たくさんのバンコク経験者(?)が「赤ちゃん連れで行くところじゃない。」とか「自分勝手。」などという意見が圧倒的で、すっごくビビッてしまいました



確かに、日本とは全く違った環境だけど、それほど非難されるほどのことなの~?



こども優先で旅をするのは基本だから、それはバンコクに限らず日本でもあまり変わらないんじゃないかなぁ。



私達も「こんな空気の悪い所に赤ちゃんを連れてくるバカ親」なんて若いバックパッカーから思われていたのかな。(笑)



でも、子供がいる旅好きのパパ&ママめげずにどんどん旅にでましょう

















スポンサーサイト

赤ちゃんと一緒旅! イスタンブール

憧れだったインドへの旅の後、なんと妊娠が判明

以前流産した経験から、今回はとにかく安静に努めた結果、無事玉のような男の子を出産



こぶたくん(赤ちゃん)が5ヶ月になった時、おさえていた旅の虫が暴れだし、ドイツから近くてエスニックな雰囲気が満点なイスタンブールに出発

飛行時間も3時間と短く、安いツアーに乗っかって(結局、往復の飛行機とホテルのみツアーに参加)、以前何度も行って知っているイスタンブールに決めました。



赤ちゃん連れの旅で、大変なのは、飛行機の中。

とりあえず、離陸の時は哺乳瓶で水分補給させて何事もなくホッ

周りは、里帰り風のトルコ人家族が多く、多少泣いても大丈夫そう・・・。

それに、トルコ人の子供好きはハンパじゃないから、日本で飛行機に乗るときよりは気が楽!



「あら~、よその赤ちゃんは泣いてるけど、ウチの子はイイ子だわ~

楽勝!と思ったのは、1時間だけでした・・・

こぶたくん、なんとあとの2時間泣きっぱなし←体も声も大きいから他の赤ちゃんより泣き声のボリュームが高いんです・・。

初めは「あら~、かわいいわね~。」とニコニコだった隣のおばちゃんも うんざり顔。

おばちゃん「ちょっと!おしゃぶりはないの?それ口に入れとけば静かになるんじゃないの?」

私「いや、この子はおしゃぶりがキライで、どうしてもプッってふきだしてしまってですね・・

納得しない顔のおばちゃんを無視して、泣きわめくこぶたくんを抱っこしながら機内をウロウロ

まわりの(ほとんどトルコ人達)の、迷惑そうな同情したような顔

これが電車だったら、即降りてたのに~



なんとか、イスタンブールに到着。

安いツアーだったため、なぜか数ヶ所のホテルに分かれるらしい。

私達がイスティクラル通りのホテルに着いたのは、こぶたくんが騒ぎ出してそろそろ座っているのも限界と思いだした時でした~。





こぶたくんの荷物は・・・

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。