スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャルル・ド・ゴール空港で会った有名人♪

帰国時にパリの空港で有名人に会っちゃいましたbikkuri01

もう、あとは飛行機に乗るだけだ~、とブラブラ店をのぞいて歩いていた時

保安検査を終えて出てきたのはTVでよく見る顔

デーブ・スペクター氏でした

いっしょにいた家族に「デーブだよ!」(呼び捨てかよ・・)と耳打ち

「あっ!ほんとだ。」

「おい、サインもらってこいよ。」と、息子をけしかけるダンナ(決して自分は行かないのね)

恥ずかしがりやの息子が「え~~、無理。」なんて言ってるあいだにデーブ氏はラウンジに入ってしまい、まさか中まで入っていくのもはばかられたので私たちも引き返すことに

ベンチに座って子供たちと「いや~~、いいもんみたわ~。」

「奥さんといっしょだったね。休暇かな~。」

なんてしゃべっていると、どこかへ行っていたダンナが戻ってきて

「今、本屋にいたよ。」

それを聞いたとたん、私のミーハー魂が燃えたねめらめら

ダンナの差し出したノートとペンを持って「行くよっ!」と走ったダッシュ

雑誌コーナーにいたデーブ氏に迷うことなく声をかける

「すみません、デーブさん!ちょっといいですか?」

「はいはい、いらっしゃいませ~~。」と笑顔(店員のつもりか?)

「あの、この子がどうしてもサイン欲しいって言うもんですから、申し訳ありませんがいいですか?」と、息子をダシにしてお願いしてみる

「うん、いいよ~。」とサラサラ

書きながら「何年生?パリ初めて?」などと息子に話しかけてくれる
(恥ずかしがりやの息子は、それにもろくに返事できず)

なんて気さくな人なんだ~~、デーブkao03

TVで見る印象そのまんまで、全然気取ってないの

「息子がパリすごく気に入っちゃって~。」

「パリ、いいよね~~。」

などと、まるで知り合いとおしゃべりしているかのような感じでした

サインはカタカナでデーブ・スペクター  パリにてと書かれていました

ダンナがいつのまにかそばに来ていたので、抜け目なく写真もいっしょに撮っちゃったグー!





無謀にもブログランキングに参加しちゃいました!

応援してもらえるとうれしくて舞い上がっちゃいます♪

banner_br_angel.gif


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

タグ:シャルル・ド・ゴール空港 パリ

コンシェルジュリー~パリ旅行

コンセルジュリーをのぞむ
シテ島にあるコンシェルジュリーは、もともとはフィリップ4世の宮殿として建てられたものだけど、14世紀後半から牢獄として使われ始め、18世紀のフランス革命時には、多くの貴族や革命家が収容された

彼らのほとんどはここからでることなく断頭台へと消えてしまったため「死の牢獄」とよばれたそうだ

1793年10月16日、38歳のマリー・アントワネットもこの独房からコンコルド広場の処刑場へ引かれていった
                  200px-VigC3A9e-Lebrun_Marie_Antoinette_1783.jpg



彼女が処刑までの2ヶ月半を過ごした独房

                          3x.jpg
監視人がふたりいるこのプライバシーのない質素な部屋でいったいなにを考えて過ごしていたんだろう


処刑直前、まちがって処刑人の足を踏んでしまった彼女が発した最後の言葉

「あら、ごめんなさい。でも、わざとじゃなくってよ。靴が汚れなくてよかったわ。」

髪を短く刈られて粗末な服を着せられていても最後まで顔をあげて毅然としていたというエピソードも
(真偽のほどは確かじゃないけど、)いかにも彼女らしいです


コンセルジュリー内部

衛兵の間  

かつて宮殿で働く2000人の衛兵の食堂だったところ








テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

凱旋門

凱旋門~ブログ

パリに来たおのぼりさんが、エッフェル塔とともに必ず行く凱旋門

やはりこの写真はお約束ピース

だけど、この写真道路の真ん中で撮ってますから~~汗とか

正確には、横断歩道の半分っていうのかな、広い道路の信号機がある部分です。

でもbikkuri01

写真におさまるために歩道からハミ出しているそのすぐそばを車がビュンビュン走ってましたえぇ

かなりこわかったです


       葉っぱライン3



夜のシャンゼリゼこちらが、夜の凱旋門

パリ着が夕方だったのでその夜真っ先に行きました

おおみそかだったこともあり、観光客などたくさんの人が散歩を楽しんでいました


夜のシャンゼリゼ~ブログ
マロニエの木々にイルミネーションが飾られていてとてもキレイBrilliant





テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

サクレクール寺院

サクレクール寺院

到着翌日の午前中、さっそくモンマルトルへ行きました

元旦で閉まっているところが多い中、観光客の行くところは大体決まってます

サクレクール寺院への階段がキツイので、ここでも行列に並んでケーブルカーに乗っちゃいました

でも、その日は無料でラッキー笑い。

パリ市内のメトロも大晦日の31日夕方から元旦の昼12時まで全線無料でした
やってくれますピース

サクレクールから坂道を降りてくる途中にコケましたorz

手をつないでいた娘に「ど~~したのぉ?」と言われました・・・

モンマルトル散歩をしたかったけど、あまりの寒さに周辺のお土産やを覗いただけで挫折しました汗とか

アメリにはなれませんでした~落ち込むかえる

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

タグ:海外旅行 パリ モンマルトル サクレクール寺院

エッフェル塔

エッフェル塔~ブログ

パリといえば、やはりハズせないのがエッフェル塔

まさかとは思っていたけれど、やはりここでもものすごい行列に並ぶハメにがっくり

いったいどこが最後尾ですか~?と叫びたくなるほどの人、人、人kao05

この光景を見た瞬間、「もういいよね~、ここから見ただけで。登ら

なくても・・・」
と、言ってみましたが、あっけなく無視され並ぶことに涙

ええ、ええ、寒かったですよ。

耳がちぎれそうでした。

あまりの寒さにストールでほっかむりしてました。

並ぶこと約1時間(もしかしてそれ以上?)

エレベーターはあっというまに展望台に到着。

そこは、あたりまえだけど、もっと寒かったjumee☆faceA76

やはり、エッフェル塔は下から眺めるにかぎりますグー!


エッフェル塔
寒くてどこかで暖まりたいと思っている私
震えてます・・・


エッフェル氏設計者のエッフェルさんの像



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

タグ:エッフェル塔 パリ 子連れ旅行

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。