スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンプ編みのスタイル







いきなり なんだコレ

と、首をかしげる方もいそうですが・・。



実は、これ、私のヘンプ編みのいつものスタイルです



むらさき色のダンベルを重しにしてます。

安全ピンで、ペンダントの金具に結んで編み編みすると 多少強くひっぱっても動かないしとってもやりやすいのです



この写真は、今作りかけの(なかなか進まないんですけど)rinaさんとこで購入したお気に入りのターコイズナゲットにカレンクロスが付いたタイプをトップにもってきた ペンダントです(予定)

ホントは,rinaさんのを参考にしてビーズを3個くらいずつ付けたかったんだけど ヘンプが全部通る大きな穴のビーズがなくて想像とはちょっと違った仕上がりになりそう

「贅沢にビーズを使うぞ~」と、思い切ったのに←貧乏性なので思い切らないとできません



まだ、半分くらいしかできていないんで完成はいつになるやら・・。

明日の夜は、ままこんメンバーの飲み会なんで完成させて付けて行きたかったんだけどな~。無理っぽいな



皆さんは、どうやって編み編みしていますか

ぜひぜひ、教えて



スポンサーサイト

久々に作ってみました!

かなり長い間、ヘンプに触れていませんでしたがやっと私も、やる気になってきました!

きっかけは、ヘンプ仲間でいつも かっこいいアクセサリーを抜群のセンスで魅せてくれるrinaさんから すてきなカウプレをいただいたこと

もう ホントにすてきなんですーラッピングのセンスもさすがでした。ハロウィン風でかわいいの

カウプレは 私のリクエスト通りにうずらちゃんを使ったもので、いつも出かけるときには身につけてます。



その次の日には、rinaさんのバーツショップから 注文の品が到着

ひとめぼれしたカレンクロスが付いたターコイズナゲットや、ぐるぐるカレンなど全部がステキで 改めて彼女を尊敬(^3^)/ 

おまけもたくさん入っててうれしい!



これらのすてきなアクセサリーとナゲット、ビーズでいよいよ私も 指がうずいてきましたー。



で、再開一作目が大将くんの首輪って!?

それも 実は最初の首輪は留めのビーズが細長くて留めてもはずれてしまうという(・・?)気付いたのは、ヘンプを切ってしまったあと。は、は、は( ̄□ ̄;)!!



そんなわけで、やっぱ本調子ではない私

オレンジのジュートでねじり結びして留めに鈴をつけてみました。

大将は気に入ってくれたかな?ずっといやがることもなく、つけてます。



今は カレンクロスのナゲットに墨色とナチュラルのヘンプでペンダントを作成中。

できたら ブログに載せます。

ヘンプ編みの会

今日は、友達を呼んでヘンプ編みをみんなで楽しみました



私が参加している育児支援サークルで、月一回ママと小さな子供達の楽しめる遊び場を開催していて そこで私がヘンプ編みのコーナーを担当していることは以前にも書きましたが、メンバーの中で「ヘンプをゆっくり作ってみたい!」というママ達と、そこでヘンプにハマったと言ってくれたNちゃんママが来てくれました。



お友達がいっぱいいて 知らない子とでもすぐ友達になってしまうこぶたちゃんも久しぶりのお友達招待に大喜び

大将くんがきてから しばらくは誰も家によんでいませんでした。

幼児はともかく 赤ちゃんのいる人もいるので、きかん坊の大将くんがひっかいたり咬みついたりしたら大変だもの



ママ達が3人(+こぶたちゃん大の仲良しのAくん)が玄関に来たときは、大将くんしっぽをふくらませて興奮してましたが 慣れたらいつも通りでした。

危惧していた子供達へのちょっかいもなく、むしろ一緒におもちゃで遊んでいて ママ達はなごやかにおしゃべりをしながらヘンプを編み編みできました



Nちゃんママはハマったというだけあって、すでにビーズやヘンプ、本を持っていましたが、他のママ達は自分でやるのは初めてなので、私のヘンプやビーズを自由に選んでやってもらいました。

ネックレスには 今日は時間的に無理なので、ブレスレットを作ることにしました。



みんなそれぞれ 選ぶ色やビーズが個性をあらわしていて(なるほど~)と感心

Aくんママは 今日着ていたトップに合わせてシックなカーキのひもに透明なビーズを3つつなげて

Sくんママは シンプルな墨色のひもを平結びをしてビーズをひとつ

Kくんママは 自分で考えてきたという黒ゴムを芯にブルーのひもをねじり結びにしてヘアゴムをあっという間に完成

その後 同じブルーでねじり結びにセラミックビーズのブレスまで作っちゃいました。

Nちゃんママは ぐるぐる巻きをグリーンと白できれいに完成させました



みんな、すごいよ~

今日も私はヘンプを前にしてもイメージがわかず、結局おしゃべりして食べて飲んでそしてちょっとだけ教えただけでした

でも、楽しかった~

また、集まろうね

てんとう虫チョーカー

このカレンのてんとう虫、以前は朱色のヘンプで短めのペンダントにしてました。

でも、いまいち満足してなかったので作り直しました。



今度は、天然染めのやさしいピンクでチョーカーに

ねじり結びと平結びで。

留めの部分にウッドビーズを使い、なんかナチュラル感いっぱいの仕上がりになって、ます?



どぎついピンクじゃないから私でもOKと思いましたが・・・。

ダメじゃん全然似合ってない

思えば小さい頃から、母親に言われてました。

「あんたって、ピンクが似合わないね~。色が黒いからかね。」って。

自分でも、子供ながらに自覚があり、ピンクやパステル系はどうも着てても落ち着かない、それに選ぶのは決まって地味な色でした。

デザインもフリルやリボンはNG。

シンプルなものばっかりだったな~。



で、このてんとう虫のチョーカーは、こぶたちゃんのものになりました。

昨日、お友達のママに

「あのね~、これお母さんが最近作ったの~。」と、自慢してました。

喜んでもらえてうれしいよ

アムステルダム散歩  1993

久しぶりに旅の話を、といってもタイトル見たらバレバレですね

もう 10年以上前の話です。



アムスに行ったのはドイツで働き始めて半年経った待ちに待った初Urlaub(休暇)でした。

ドイツとは隣ということもあって、あまり違いないんじゃ、と期待してなかったんですが なかなかどうしていい街でした



有名なアンネフランクの家、マダムタッソーの蝋人形館、ちょっとマイナーなところでは、拷問博物館やハッシッシ博物館なんてユニークなのも!(もちろん行きましたよ。特に、拷問博物館が興味深かったです。貞操帯なんてのもありました)

駅からまっすぐのびる大きな通り沿いにはSEX博物館がド~ンと建ってます。



有名な飾り窓にも行きました。

私が住んでいたハンブルクにもレーパーバーンという歓楽街があって飾り窓もありましたが、そこは鉄の扉があって中は見たことがなかったんです。

飾り窓といえば、イスタンブールにもあってどうしても行ってみたかった私は、同じホテルに泊まっていたオランダ人の男性旅行者と一緒に行ったことがあります。この時は、たくさんの人に聞きながら(オランダ人の彼は、体をクネクネさせて←女のつもり?!「こんな女性がいるところ。」などとゼスチャーしながら・・)やっと、たどり着いたそこもやはり扉で入り口にはトルコ語で「(たぶん)18歳未満入場禁止」の文字。

私たちが入ろうとすると、ポリスが私をひきとめ「GIRL,NO!」

結局入れなかった私は、この数年後、ダンナと一緒に行った時再びチャレンジ。

ショートカットでジーンズ姿、ネパールではダンナと手をつないでいた私は地元の人」に「お前達は ゲイか?」と聞かれ、花の都パリでは、女子トイレに入ろうとしてオバサンに「あなたは、あっちよ。」と言われた私です男に見えないこともないでしょ。

が、そういう時に限ってしっかり女と見られて、ひきとめられました。

ポリスはひとりにしておくのは危ないと思ったのか、交番のようなボックスに招き入れてくれ、チャイまでふるまってくれました私に気が付いたスケベおやじがはやしたててもおまわりさんと一緒の私、ボックスの中から見える飾り窓(ちょっとだけ見えた!)や行きかうオヤジや若者達を観察。

話が、大きくそれましたが、アムスの飾り窓ですね

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。