スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナでもエスニック

移民の多いパリではエスニック三昧でしたが、バルセロナでも行っちゃいました


前に来た時にはランブラスのおみやげ屋はアラブ系の店が多かったけど、今回はインド系が多かったなぁ

この通りのおみやげ屋はかなりボッてくる上、冷やかしの客にはすごく感じ悪い

ヒドイところでは店を出るときにわざとヒワイな言葉を日本語で私にだけ聞こえるように吐き棄てやがった

かつての私なら「おい!ちょっと、今、なんて言った?」とからむところですが

今回は、子供の前で騒ぐわけにもいかないので聞こえないふり

大人になったもんだ


で、エスニック料理ですが・・・

グエル邸のある裏通り周辺にはかなり中東系のファストフードショップがたくさん

ここではパスしたけど、ダリ美術館の帰りにフィゲラス駅前のトルコ系ファストショップで食べちゃいました~

ドネルケバブサンドドネルケバブサンド

スライスしたチキン(だったかな?)、野菜、ヨーグルトソースがたっぷりはさまったボリュームありすぎのサンドイッチ

つけあわせのポテトフライもすごい量!!

値段は安くて6ユーロくらいだったかな

オーダーしてから肉をスライスして、パンを温めて、ポテトも揚げたての状態で出してくれるからすっごくおいしかった~

大満足のランチだったんだけど、店に入ったときは、正直、ヤバイんじゃとかなりあせった

カウンターでたむろっているのはいかにもヤバそうな昼間っから酔っ払ってるオヤジやあやしげな黒人(黒人だからあやしいと言ってるんじゃないよ、雰囲気が、ってこと)

そこへ、のこのことランチに来た東洋人家族

あきらかに場違いだ

(酔っ払いのオヤジ、たのむからこっちにからんでこないでくれ~)と願いつつ←けっこうビビリなもので・・・

でも、サンドイッチが運ばれてくると無心でがっついちゃった食べちゃったよ~

あきらかに場違いだったけど、結果オーライ!

充実したランチでした~






現在 ヤフー・オークションに出品中!
よかったらのぞいてみてね
オークションのぞいてみてね!


スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

デコクロ、再び・・・

           デコクロ ロータス
肌寒いときに家ではおるためのエスニック風のジャージをずっと探してたんだけど、なかなか自分の欲しいタイプが見つからなかった

家事をするためにまくりあげやすく、ダボッとしすぎず、袖丈があまり長すぎたり広いタイプもキライ

エスニックショップのジャージやパーカは何枚も持ってるけど、外出時はともかく家事がしずらい

で、シンプルかつお値段も安い○ニクロです

サイズもぴったりのものが探せるからいいんだよね

狙うは、安い○ニクロのなかでもワゴンのなかに入っているセール品

今回はベロアのパーカ、990円をゲット

エスニック感たっぷりのロータスの花は、娘が3歳のころチャイハネで買ったベストとパンツのパッチワーク

温存しておいたものがやっと活躍する時がきました~

ロータスアップリケ  ロータスアップ

水模様  これは水模様かな?

なんか写真のパーカの色がかなり実物と違うんだけど、本当はうすいむらさき色(3枚目の写真の色が近いかも)

ひさびさのデコクロでした~

リメイクって始めるととまらないんだよなぁ

今度は柄が気に入って買ったのに、あまりにもヴォリュームありすぎてはきこなせないサルエルパンツ2本をリメイクしようかな~


オークションのぞいてみてね!
コサージュ完売しました~!
ありがとうございます
また新しい商品を出品しましたのでよろしくお願いしま~す


テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

タグ:リメイク デコクロ

食べ放題レストラン

息子が今回の旅でいちばん気に入ったらしいのが食べ放題のセルフレストランfrescCo

ここも某ガイドブックに載っているので地元の人に混じって日本人観光客の姿もチラホラ

食べ放題の店が近くにはないし、いっしょにお出かけもしなくなった息子にとって、今回は初めての食べ放題体験

システムは、まずサラダ、スープを取って、カウンターの店員にドリンクをオーダー

そして会計

奥にはメイン、デザートなどが並んでいます

フレスコ 私の一皿
こちら私の一皿
チキンコンソメスープ、サラダ、メインはピザ、パエリャ、パン

息子の一皿
これが息子の一皿
ポタージュ、サラダ(マヨネーズ系ばっかり)、ピザ、パスタ(写真は かなり食べてしまって少ない状態)

メイン、デザート、サラダやドリンクのおかわりは(アルコールは有料)好きなだけOK

サラダはかなり種類が豊富で、好きなだけ取れるのはうれしかった


メインはピザやパエリャ、パスタぐらいしかなく、しかも作り置きのため暖かくないうえ油ギトギト

(食べ放題だし、しょうがないか~、)と不満気味の私に比べ、息子はかなり満足げ

「明日もここにしよう。あ、今日の夜でもいいよ!」

w( ̄△ ̄;)wいや、その選択肢はないでしょう・・・

唯一気に入ったのがデザートコーナーの自分で作るソフトクリーム

デザート
写真イマイチですが、チョコ味と白いほうはバニラじゃなくてヨーグルト味

ほかにリンゴのムースや果物など

残念ながらケーキ類は一切ナシ

食べ放題レストラン フレスコ ブログ
こちらテーブルの様子

安いから(平日ランチで約1000円)ランチ時はかなり混んでました

旅行中、野菜不足を感じたときにはいいかも

息子はおかわりしたかったドリンク、「コーラください。」の一言がいえず撃沈

ホントに学校で英語習ってんのか~
(こういうとき鬼両親はいっさい手助けしません)






現在 ヤフー・オークションに出品中!
よかったらのぞいてみてね
オークションのぞいてみてね!


テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

壁飾り

          羊毛フェルト花の額

羊毛フェルトの花を 100円ショップで買ってきたフェルトの額にボンドでくっ付けてみた

コサージュだけじゃつまらないもんね





現在 ヤフー・オークションに出品中!
よかったらのぞいてみてね
オークションのぞいてみてね!

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

タグ:羊毛フェルト

タパスのおいしい TAPA TAPA!!

タパタパ外観


今回の目的その2 おいいしいタパスはここで堪能しました~

ガイドブックに載っているせいか(おまけにバル初心者向けとまで書かれてるし・・)観光客多し

ここも日本語メニューあるけど、それを見るより、テーブルに料金と写真入りのランチョンマット(紙)がひとりひとりあるのでオーダーしやすい!

念願のカラマリだけじゃなくて、揚げ物はたぶんオーダーを取ってから作っているので、サックサクのおいしさ

の写真は左から、ロシアンサラダ、チキンのガーリックフライ(その下カラマリ)、子イカのフライ、(その上)ムール貝とポテトフライ、エビフライ

こんなに頼んだ

             地元の水
フライなど油っぽいものに特に合うガス入りミネラルウォーター(これは地元産みたい)


各自好きなものをたのみテーブルいっぱいだったのにもかかわらず、あっという間になくなり、当然デザートをオーダー

タパタパのデザート
左より、(上)3種類のチョコレートムース、アップルパイ、クレマカタラナ、フォンダンショコラ

タパスの充実度に比べると、デザートはイマイチかな~

なのに、タパス類よりこちらのほうが高くて1品約600円くらいだったような・・・

でも満足いく食事ができよかった~

あまりにも気に入ったので2回も行っちゃいました







現在 ヤフー・オークションに出品中!
よかったらのぞいてみてね
オークションのぞいてみてね!

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

タグ:タパス

コサージュ祭り

今日は、ハンドメイドの記録です

羊毛フェルトコサージュ、大量生産しました

ミニコサージュ全種類

いままでのとちょっと違ってぷっくりした花びらにしてみた

サイズも小さめで4~5cmくらい

これなら大げさすぎずにアクセントになってくれるんじゃないかな~

さっそくヤフオクに出品してみました

クリックしてみてね






現在 ヤフー・オークションに出品中!

オークションのぞいてみてね!

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

タグ:羊毛フェルト コサージュ

パエリャ最高!

おおっ

知ってましたか?
このブログのテンプレート、↑のタイトルのところで丸くなって寝ている黒猫、寝息たててます

めちゃくちゃかわいい~←今、気づいた私


           ちらりふんっ

あ、大将なんか怒ってる・・・嫉妬か?





さて、バルセロナ旅行ですっごい楽しみにしてたパエリャ

いちばんおいしかったのは、偶然入った一見飲み屋風の店でした

1階は立ち飲みをしている男性がちらほら

案内された2階がゆっくり食事を楽しめるようなテーブル席

オーダーしたのは

パエリャ
チキンとシーフードのミックスパエリャ

アロスネグロ
イカ墨のパエリャ アロス・ネグロ

パエリャを前に その3 ブログ
こうやってみると、ちゃんとしたレストランでしょ?

ダンナはサングリアをオーダー

オレンジやレモンなど果汁が入った赤ワイン

甘くてグイグイいけます(が私はすっごく弱いので2口程度で・・・)

グリーンサラダ ブログ
前菜にグリーンサラダを頼んだら、ツナやホワイトアスパラまで入って豪華

デザートは・・・
クレマカタラナ
もちろんクレマカタラナ

と、ナタといちごのエラード エラード
あれ、カップ入りなんですけど?!

「この店あたり~!」と思ったのに、カップそのままかいっ

ま、でも味はよかったので・・・ま、いっか

前回スペインに来たときは真夏だったので、エラードはよく食べてたけど、激うまと感動だったのが、このナタ味

バニラとは違うし、なんだろうと思っていたらミルクというかクリームのことみたいです(日本でいうところの、牧場しぼり?MOW?あ、某イタリアンファミレスのミルクジェラートにも似てる!)

というわけで、大満足のパエリャディナーでした






現在 ヤフー・オークションに出品中!
よかったらのぞいてみてね
オークションのぞいてみてね!


テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

タグ:パエリャ

ショッピングinバルセロナ

1月4日


5日の朝食後には空港へ行くので、この日が実質的な最終日

今日はショッピングするぞ~

日本でもファストファッションとして人気のZARA

バルセロナ市内に30店舗以上あるという人気のカジュアルブランドです

ホテルからも近いグラシア通りの規模が大きく品揃えもいい店へGo!

じっくり自分用のものを選んでいると、ダンナが娘(←例によってまたむくれている)を連れて来る

「君に選んで欲しいんだって。」

「え~、お父さんに選んでもらえば?(じゃますんな~)」

「イヤ!お母さんが選んで!」

あ~、はいはい(じゃ、てきとうに・・・)

欧米の子供服、特に女の子のってかわいいわ~

こういうパープルやくすんだピンクってなかなか日本にはないんだよね~

子供=明るい色的な考えがあるのか、赤ちゃん服にいたってはメルヘンなピンクや黄色、水色ばっかりだもんね

にしても

ZARAって初めて入ったんだけど、日本でもこんなに安いの?

ほとんどのものが10~15ユーロ

カットソーが日本でいう1980円レベルですよ

気に入ったものがあっても娘のジャストサイズがなかったりして、迷いつつもカットソー2枚をチョイス

ZARAカットソー

ZARAジップアップカットソー


「スカーフも欲しい!」とうるさかった娘

却下かと思いきや値段が安かったせいかダンナもこれはOKでした

           ヘンプ 002
ピンク系のチェックなんだけど、リバーシブルです


さて自分のもの~

ZARAカットソー
黒のタートルカットソー


ZARAチュニック
茶色の薄手チュニック

わかりにくいけど、袖部分がボタンがずら~っと並んだデザイン

試着しないで買ったので、ホテルに戻って着てみたら、袖のボタンは実際には外れないただのデザインでした

昨年、H&Mで買ったトレーナーもそうだったんだけど、欧米のものってなぜか袖が長いわりに、幅がきつくて生地も横伸びしないものが多い

家事するのに袖をまくるから、私としてはたくし上げにくいのはちょっと好きじゃない

外出着かな~

デザインや色は好みなんだけど・・・

息子はジーンズと上着が欲しかったらしいんだけど、男性用のコーナーは種類があまりない上、おじさんっぽいものばかり

ジュニアを探すも子供用はサイズによってはないものが多くて160cmはほとんどなし

ダンナも一通り見たけどふたりとも結局何も買わず

日本では若い人向けなのかな、と思っていたけど、実際お客さんはかなり年配の人多し

ここグラシア通りのZARAは、たぶん日本では入っていないリビング雑貨も扱っていました

少しのぞいてみたけど、アロマキャンドルのバニラの香りがすごくキツくて一回りしただけで逃げてきた

今回入らなかったけど、ZARAとともにスペインのカジュアルブランドとして人気のMANGOは年齢層がちょっと低めかな、という感じ(あくまで外からチラ見した感じですが)

息子は結局、【なんちゃってTシャツ】が欲しいというので何軒か見てまわってこんなの買いました

               デストロイ!
普通のミッキーマウスのTシャツ?

いやいや、よく見て~

DISNEYならぬDESTROY

子供たちのアイドル、ミッキーが銃を手にしています

息子はこういうのが大好き


もっと買ったものはあるんだけど、後日、おみやげとして書く予定








現在 ヤフー・オークションに出品中!
よかったらのぞいてみてね
オークションのぞいてみてね!


テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

タグ:ZARA

きのこストラップと花のコサージュ

       
3年(4年?)続けていたサークルを先月やめました

昨年秋からずっと休んでいたんだけど、ボランティア活動を主としているためあまり長いこと休んでいると迷惑になるだろうし・・・

いろいろ思うこともあり、やめちゃった

やめると決めてから自分でも意外なほど気が楽になって、逆にそんな自分に驚きも・・・

やめることを知った仲間からメールも何通ももらって、「寂しくなるからやめないで」と言ってくれたり

「サークルとは関係なくこれからもつきあってね」などのうれしい言葉もたくさんもらった

私がとても落ち込んでいるときに、励まして支えてくれたのも彼女達だった

いろいろなことがあったけれど、大切な仲間と知り合えたことは自分の財産だと思う

本当に感謝してます!

                  青い鳥と赤い実


今まで、誰かがやめるときには自分で作ったヘンプネックレスを贈っていたんだけど、今回の場合はみんなにネックレスを作るのは無理なので、ちょうど手元に大量に残ってあった羊毛フェルトのストラップを贈ることに

       フェルト 2日間でこれだけできた


みんなに好きなものを選んでもらったんだけど、なぜかひとり分足りない

近所に住んでいる仲良しのIさんに犠牲になってもらって彼女には「リクエスト通りのものを作るから~」とお願いし、一件落着


後日、彼女の希望通り赤いきのこを作ったのがこれ

ちょっと毒きのこっぽいですが・・・

                    フェルトきのこストラップ
赤いきのこ&フェルトボールのストラップ

おまけでひとりだけ遅れたお詫びに花のコサージュも添えて渡すことにした

                     フェルト花 茶色
ちょっと地味?とも思いましたが、とても喜んでくれたのでホッとしました






現在 ヤフー・オークションに出品中!
よかったらのぞいてみてね
オークションのぞいてみてね!




テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

タグ:フェルト

雪、雪、雪!

今朝起きたら 真っ白



たま~に降ることはあっても、めったに積もらない雪

娘がはりきって雪だるまを作りました

              ミニ雪だるま

玄関前のプランターにこじんまりと置かれるほどのミニサイズ

雪が降って喜ぶのは子供だけ~

雪国生まれの私にはめずらしくもないわけで・・・

車乗ろうにも雪下ろしをしなくちゃいけないから一苦労だし、なんといっても寒いし、全然うれしくな~い

あ、ここにも寒いのが苦手な仲間が・・・



               なにか?なにか?





テーマ:日記 - ジャンル:日記

ピカソ美術館

1月3日続き・・


カンプ・ノウ・スタジアムからは当然の権利としてタクシーでホテルへ戻り、シエスタ

夕方5時過ぎにゴシック地区にあるピカソ美術館

毎月第1日曜日は入場無料のためかなり混んでいるだろ~な、と思いつつ行くと・・・

bi-gaaan_20100202153605.gif人、人、人・・・

今回の旅行でいちばんの行列がここかも

入場するまで3,40分はかかった

あまりの長蛇の列に、途中であきらめて抜ける人も・・

たぶん並んでいたみんなが同じ事を思っていただろう(タダだからって、並んでんじゃね~よ

             9511485.jpg



ここは主にピカソの少年時代から青の時代の作品が展示されています

有名なゲルニカはマドリッドのソフィア王妃芸術センターにあるので残念ながら今回は見れませ~ん

私は前回、ゲルニカを見た瞬間、狂気の表情でペンを握るピカソの姿が思い浮かんだほど、この作品は戦争に対する彼の怒りが表現されていて、やっぱり天才だ~と実感

バルセロナの街角にある落書きのような彼の壁画をみた娘が言った「え~こんなの私でも描けるじゃん!」

00637_1_m.jpgこれですね  たしかに私にだって描けそうだ


実際、ピカソの絵を見たかなりの人はこう思うかもしれない

が、絵画教師だった彼の父親は自分が一生かかっても成し遂げられない領域に10歳の息子がいることにショックを受け、それ以後2度と絵筆をとることはなかったと言われるほど、彼は早熟だったらしい

ピカソの名言

「明日描く絵が一番すばらしい」

「絵画は、部屋を飾るためにつくられるのではない。画家は古いもの、芸術を駄目にするものに対して絶えず闘争している」

「労働者が仕事をするように、芸術家も仕事をするべきだ」

「誰でも子供のときは芸術家であるが、問題は大人になっても芸術家でいられるかどうかである」

「昔、母は私にこう言った。お前が軍人になれば、将軍となるでしょう。修道士になれば、法王となるでしょう。そして私は画家となり、ピカソとなった」

「ようやく子どものような絵が描けるようになった。ここまで来るのにずいぶん時間がかかったものだ」

「私は対象を見えるようにではなく、私が見たままに描くのだ」

「スペイン動乱は、スペイン人民と自由に対して、反動勢力が仕掛けた戦争である。私の芸術家としての生涯は反動勢力に対する絶え間なき闘争以外の何物でもなかった。私が反動勢力と死に対して同意できるなどと誰が考えることができようか。私は「ゲルニカ」と名付ける現在制作中の作品において、スペインを苦痛と死の中に沈めてしまったファシズムに対する嫌悪をはっきりと表明する。」(「ゲルニカ」制作時の声明より)


深い!かっこいいです

ゲルニカは当初NYの近代美術館にありましたが、スペインが返却を求めてもピカソは「祖国が平和になるまで」はそれを許さず、スペインに戻ってきたのはピカソと独裁者フランコの死後のことです


館内には「8歳でラファエロのように描いていた」ピカソの絵がたくさん展示されています

残念なことにここは撮影がいっさい禁止なので、写真がないの・・・

晩年の作品では大好きだったという鳩をモチーフにした作品や

img_778690_49233542_7.jpg(これはポスターですが)

ベラスケスのラスメニナスをもとにした絵画などがあり、特にラスメニナスは作品に描かれている人物ひとりひとりをどのようにピカソ風にアレンジしたのかをわかりやすくビデオで流していたのでじっくり比較できておもしろかった

これがベラスケスのラスメニナス
350px-Las_Meninas_01.jpg

ピカソのラスメニナス
foto48.jpg

foto53.jpg
王女(中央のブロンドの少女)の習作

このラスメニナスについては怖い絵に興味深いことが書かれていますよ~
                           
私は昨年ルーヴルに行く前にこの本シリーズで読んでハマりました

おもしろいので絵が好きな人に超おすすめです!

怖い絵怖い絵
(2007/07/18)
中野 京子

商品詳細を見る



怖い絵2怖い絵2
(2008/04/05)
中野 京子

商品詳細を見る





現在 ヤフー・オークションに出品中!
よかったらのぞいてみてね
オークションのぞいてみてね!

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

タグ:ピカソ美術館

FCバルセロナの本拠地カンプ・ノウ・スタジアムへ

1月3日はダンナの個人的希望でFCバルセロナの本拠地カンプノウ・スタジアム

私はグエル公園へ行きたかったんだけど、ひと悶着ありまして一時は一触触発状態になりながらも、結局みんなで行くことに

ええ、私はまったくサッカーには興味ない人です

インフォメーションででたらめ教えられたとかで、最寄り駅からゆうに2駅分は歩いて、さすがに温厚な私(!)も

「ちょっと~、もう着く前から疲れたんだけど

その日は試合がないため通常の入り口ではなくてグル~ッと回り込んだ入り口しか開いていなかったらしい

インフォメーションのお姉さん、しっかりしてくれ~!!

ミュージアム&ツアーのチケット購入の列がまた長いこと

FCバルセロナスタジアム見学
やっとチケット購入して出発~(疲れたからさらっと流そう・・・)

満面の笑顔でひとり興奮しまくっているダンナの後について歩く我々

「あ~、ホントだったら昨日の夜ここで試合見れたのに!(←自分の勘違いから試合見逃した)」
FCバルセロナ スタジアム
(じゃ、いちおうここで写真撮っておくか・・・)

「すげ~、ここに選手が座るのか~!」
スタジアムのいす
(来賓席じゃないんだ)

とにかく疲れたので座ってます ブログ 
感激してるのではなくて(笑)あまりにも疲れたのでとりあえず座ってダンナが満足して次に移動するまで待ってます・・・

ステンドグラス
ステンドグラスまでFCバルセロナです

ミロ作のポスター
ミロ画伯のポスターまであったりして

ユニフォーム ブログ
ユニフォームの前で写真ね・・はいはい

記者会見場 ブログ
記者会見場でも写真ね・・さすがに息子は「オレはいい」

今年の優勝カップらしいです ブログ
入り口のところに「今年の優勝カップは展示してありません」という張り紙を見てダンナに得意げに教えてあげたのに・・・あったじゃん

う~ん、この温度差はいったい・・・

っていうか、老いも若きも優勝直後だったせいもあるのか、みんなすごいハイテンションなんですけど・・・

しらけまくっている私と子供達のほうが浮いてる

そのわりに写真が多いのは、ダンナが興奮しまくって写真いっぱい撮ったから

スタジアム、博物館、ショップと一通り見たら2時間は軽く過ぎてました

最後にまわったショップは疲れたのを通り越して腰が痛かったので階段に座り込んでダンナが戻ってくるのをず~っと待ってただけだけど

いろいろ買い込んでくるのかと思いきや、自分ひとりが盛り上がっているのが悪いと思ったのか、何も買わず20分ほどで戻ってきました

ここで唯一盛り上がったのは有名選手との合成写真コーナー
オークション 015
メッシ選手といっしょの写真

メッシってだれ?

見本で私が唯一わかる選手はロナウジーニョだったけど、「彼はもうバルサにはいないからダメ。」と却下

ダンナいわく、今世界一の選手で、南アの大会では確実に活躍するからいっしょに撮るのは彼しかいない、とのこと
(実際、みんながメッシとの写真を選んでいた)

あっ、じゃメッシだね(ってだれでもいいんですけどね)

この写真を無事撮るまでに「背が低いから写るかな」とカメラマンのお兄さんに言われた娘が機嫌をそこねたあげく

他の選手の見本を指差して「この人と撮るの!(完璧に顔で選んでます)」だの

「ベッカムと撮る(いないって)」だの

うるさかったのですが、本番ではなぜかしっかり笑顔ですね

この写真、完成度はそれぞれ違っていて、ヒドイのになると、腕をまわしているのではなくて、ポケットに手を突っ込んでいるように見えるものも(爆)

メッシが隣の人にスリを働いているような写真が何枚も見本として飾ってありました

この合成写真、10ユーロでした~







現在 ヤフー・オークションに出品中!
よかったらのぞいてみてね
オークションのぞいてみてね!

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

タグ:カンプ・ノウ・スタジアム バルセロナ

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。