スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タプローム~カンボジア旅行4日目

シェムリアップ4日目

絶対行きたいと思っていた遺跡タプローム
アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「トゥーム・レイダー」のロケ地としても有名なところ
ここ、アンジェリーナ・ジョリー寺院と改名するっていう話があったくらいカンボジアは彼女に好意的らしい
彼女にカンボジア人の男の子の養子がいることも関係あるのかな
しかし、すごいよね、お父さんがブラピでお母さんがアンジーだよ!

娘の強い希望により事実上の最終日である本日もトゥクトゥクに乗る
車と違って風もホコリも直接顔にあたるのでコンタクトの私にはちょっとツライけど、気持ちいい
トゥクトゥクでタプロームへ

座席から前方を撮影

アンコールワットやトムに比べて道も悪いけど、そんなの関係ねぇ

トゥクトゥクから降りて遺跡まで歩いていると、どこからか音楽が・・・
森の中の細い道の両側に座って楽器を演奏している人たち
小さなグループになってあちこちいるんだけど、その人たちの座っているそばに張り紙
どうやら地雷の被害者らしく自分たちの演奏したCDを売っているみたい
観光客の姿はアンコールワットのほうが断然多いんだけど、こんな所で足を止める人は少なく・・・



クメール王朝のジャヤー・ヴァルマン7世が母のために建てたという仏教寺院タプローム
後にヒンドゥ寺院に改修されたため、多くの彫刻が削り取られたそう

アンコールワット比べてこじんまりした遺跡に足を一歩踏み入れて思わず息を飲む
DSC00838.jpg
樹がまるで生き物みたいに遺跡を飲み込んでいる

巨大なスポアンという榕樹(ガジュマルの一種)が巨大な蛇のように巻きついたり、鳥の足のような樹が寺院をつかんでいるように見えたり
鳥の足のような・・・

まるで血管のよう
この樹なんて血管みたいに見える

木の隠れ家

画像 077

画像 075

現在、アンコール遺跡群では各国が協力して修復を進めていることは以前に日記にも書いたけど、タプロームの修復に関してはその是非が問われているらしい
遺跡はほぼ発見当時のまま公開されているらしいが、ここまで侵食してる樹を切り離してしまったら果たして遺跡が無事なのかということらしい

タプロームを訪れる観光客はこの光景を見たいからこそやってくるわけだけど、
寺院の中は補強のための支柱がいたるところにあり、実際、崩れ落ちた遺跡の残骸もあちこちに転がっている

タプロームに興味のある方はなるべく早く行ったほうがいいですよ

アニメ好きな方にはピンとくるかもしれないけど、ここ「天空の城ラピュタ」のモデルだそうです
スポンサーサイト

テーマ:旅の履歴書 - ジャンル:旅行

バーストリートの屋台 ~シェムリアップ滞在3日目  

いろいろあって途中になっていたカンボジア旅行記、来年にならないうちに更新しとこう、っと
シェムリアップ3日目のアンコールトム観光までが前回までの日記

今日は3日目の夕食のこと書こうかな・・




期待してなかったというより予備知識がなかったからカンボジア料理のおいしさには家族全員(エスニック料理好きではない息子までもが)大満足だったわけですが

観光客の多いバーストリートにある屋台街は夜になるとますますにぎやか
私たちが行ったときはバーベキューの店が多かった
画像 089

屋台街の一角はお祭りみたいな高揚感とバーベキューのけむり、そして料理のいいにおい
夕食を品定めする観光客と呼び込みの声、その横を飛ばしていくバイクや車で大賑わい

我々は笑顔のかわいいお姉さんが家族でやっている屋台に決定
2晩続けて通った娘お気に入りの屋台


お姉さんお勧めにしたがってバーベキュー、揚げ春巻き、鳥の炭火焼、どこで飲んでもハズレのないシェイクなどを頼む

鳥手羽揚げ~屋台
これは鳥の炭火焼かな

ダンナと娘は向かいの屋台に行列ができている人気らしいロティ(インドや東南アジアなどにあるクレープ状のパン)を買いに行く

私と息子はさっそく運ばれてきた揚げ春巻きをつまみながら道行く人々をながめボ~~~ッ
揚げ春巻き


そういえばこのすぐ先にあるカフェは映画のロケで来たアンジェリーナ・ジョリーが通いつめていたという話
屋台の向かいにはAジョリーも通ったという店
行かなかったが・・・
店内にサインぐらいあったかもしれない(といまさら思う)
カフェの手前がロティの屋台

ダンナと娘がロティといっしょに肉まんもテイクアウトしてきたのでぱくつく
DSC00833.jpg

ロティはなかにチョコソース入りの甘いもので新聞紙でくるまれていて見るからに油ギトギト
私は遠慮しといたけど、まあまあおいしかったらしい
DSC00831.jpg

バーベキューはプルコギみたいな感じで水分とか油が回りにたまっていくようになっていて、最後に麺をそのスープにからめながらいただきました
画像 090

野菜も肉も小さめにカットされていて、量もかなり少なめ
カンボジア式の特徴なのか使う油はマーガリンなのでなんだか西洋風の味
欧米人向けってことか
まずくはないけどこれだけじゃ物足りない

でもこういう店のいいところは持込してもOKなこと
お店の人も全然イヤな顔もしないしね
屋台のバーベキュー

その2
このお姉さんの笑顔にホレた娘のおかげで2晩続けて通うハメになった
娘はお姉さんといっしょに写真も撮ってもらってごきげん

テーマ:旅の履歴書 - ジャンル:旅行

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。