スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「う」~牛追い祭り・サンフェルミン

今日のお題は「

牛追い祭りサンフェルミン
スペイン3大祭りのひとつ、北西部のナバーラ自治州の首都パンプローナで毎年7月6日から14日まで行われる祭り

街の中を大勢の人が牛を闘牛場に追い込んでいくという過激な祭りで、毎年かなりの人がケガしています

死者が出ることもあって、祭りが始まった1924年以来現在まで13人が命をおとしています

私がそんな牛追い祭りを見に行ったのが、1995年、ちょうど13人目の死者が出た年でした

前日にパンプローナ入りした私とダンナ(牛追い祭りを見たいと熱望していた人)はなんとか安宿を確保し、街へ

が、レストランを始めとしてほとんどのスーパーや小売店までもがシャッターを閉じている

不思議に思いつつも、やっと見つけた店でパン、お菓子、水などを購入

悲しいことに、その店で買ったマフィンはハーブ入りでマズい上に、途中まで食べてカビが生えていることに気がつき捨てた・・・


お祭りを楽しむためか、牛や、酔っ払った観光客が暴れることを恐れてかはわからないけれど、この街はおいしいものがたくさんあるスペインで唯一私がひもじかったところ

結局、探しても開いている店はほとんどなく、まともな食事はこの街ではできず

おまけに、街ではキブツでよく見た、お金も仕事もないようなヨーロッパからの若者が、朝からビール瓶片手に奇声をあげながらフラフラ歩き回っているし・・・

            落ち込むかえる

牛追い祭りのことを書くにあたって、ちょっと調べてみました

参加資格   18歳以上の健康な人なら誰でも可能
         もちろん日本人でも出ようと思えば出られるよ
         でも、女性はどうなんだ?私が行ったときも、TVでも見たことないんだけど・・・
         1回あたりの平均参加者は約800人

出走する牛  闘牛8頭、去勢した牛4頭の一日あたり合計12頭

平均タイム  約4分(すべての牛がゴールするまで)

衣装     上下白のシャツ&長ズボンに、赤のネッカチーフ、赤の腰巻、赤のベレー帽が正装ですが、走る人は帽子は当然なし
        ちなみに衣装やグッズなどは現地で売ってます

スタート地点は牛の囲い場で、そこからカーブや坂道を経てゴールの闘牛場を目指します

途中のルートは、道幅も十分あり牛が迫ってきても脇にそれたりしてやり過ごすことが可能だけど、闘牛場内へのゲートで道幅がいっきに狭くなり、過去、最も死者が出ているポイントです

私たちは、当然、高いところから見下ろしていたので迫力の点ではイマイチだったけど、危険はなかったな

多分スペインのニュース画像だと思うんだけど、貼ってみました

興味のある方は、見てくださいね~




追記

今日のTVニュースで、今開催されているサンフェルミンスペイン人男性の死者が出たとの報道がありました。’95年以降、重体になった参加者が数日後に死亡した例もあったそうなので、現在までの死者は合計15人になった、とのこと
                         7月11日

         ヤフーオークションに出品しています
         こちらからマイブースに飛べます
         興味のある方はのぞいてみてくださいね
マイ・オークションをごらんください



         ランキングに参加しています
         応援クリックよろしくお願いします
br_banner_kingyo_20090703165521.gif



スポンサーサイト

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

タグ:牛追い祭り サンフェルミン スペイン

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。