スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • home >
  • パリ >
  • ルーブル美術館~民衆を導く自由の女神とレースを編む女

ルーブル美術館~民衆を導く自由の女神とレースを編む女

ルーブルには世界的に有名な絵画や彫刻など、だれもが教科書や日常生活において頭の中にインプットされたものがそれこそ山のようにありました

たとえば、この絵

フランス7月革命時の民衆の様子を描いたドラクロワ作の民衆を導く自由の女神民衆を導く自由の女神

これはフランス共和国の擬人化されたイメージマリアンヌがフランス国旗となるトリコロールを掲げ、隣のシルクハットを被り銃を手にした男性、これはドラクロワ自身らしいです

女性は自由を表し、乳房は母性すなわち祖国を表しているとか

横たわる死者と、それを乗り越えて前進するマリアンヌ、彼女に続く民衆

私の頭の中では勝手にもっとたくさんの人々が描かれていたので、実物を見たときは「意外と小さかったんだ・・・」と思いましたが、それでも、やはりこの絵の持つダイナミックな力強さはそこなわれてはいません

ちいさ~~~いといえばフェルメール作のレースを編む女

 レースを編む女

この絵はフェルメールの作品の中でも最小で、サイズはわずか23.9×20.5cm

予備知識なんかまったくなく例によって勝手なイメージで頭のなかにあったので、探しまくって見つけたときの驚きえぇ

ただ小さくても他の芸術家に対しては辛らつだった鬼才ダリが唯一ベタぼめしたのがこのフェルメールだったということからわかるように、存在感はある絵でした

来月、日本にも来るので私と同じようにビックリする人も多いのでは


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

タグ:海外旅行 パリ ルーブル

comment

すごい作品が・・・

多数のすごい作品が収蔵されているなんて、
さすがルーブル美術館。
芸術の中心地だと言うことがうなずけます。


本気でフランスはルーブル美術館に行きたくなりました。
マイルは溜まりまくっているし、お金も少しならあるし。。

ただし、時間(休み)が無いことに気づきました・・・

欧州の美術館、博物館めぐりが夢なのですが
実現されるのはいつになることやら・・・
  • 2009/01/28(水) 11:17 |
  • ふろんてぃー |
  • URL
  • [編集]

No title

ルーブルはほんとにすばらしかったです。

私からしたらお金とマイルはあるふろんてぃーさんがうらやましい~v-411でも、時間はお金じゃ買えないですものね。

いつか時間ができたらぜひゆっくりと見てきてくださいね!
  • 2009/01/28(水) 13:12 |
  • 旅こぶた |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。