スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「す」~スルタンアフメット地区

今日のお題は 「

スルタンアフメット地区

私の大好きなイスタンブールの旧市街の一地区です

右を見ても、左を見ても、世界的に有名な建造物がたくさんあるぜいたくな場所

世界遺産にも登録されているようです

SultanAhmed Mosque Istambul
  ブルーモスク  画像はwikipediaよりお借りしました

             ペーズリー


イスタンブール歴史地域は、以下の4つの保護地区から成り立っている。

★遺跡公園地区
イスタンブール市エミノニュ区スルタンアフメト地区、旧ビュザンティオン市のあったトプカプ宮殿の丘を中心に設定された地区。もっとも多くの建造物が集中している。
★スレイマニエ・モスクと付属保護地区
エミノニュ区ベヤズト地区の丘の上にあるスレイマニエ・モスクを中心に設定された地区。
★ゼイレク・モスク(旧パントクラトール教会)と付属保護地区
ヴァレンス水道橋そばのゼイレク・モスクを中心に設定された地区。ファーティフ区のウンカパヌ地区にあたり、スレイマニエ・モスクの丘からみて谷間を挟んだ西にあたる。
イスタンブール大城壁地区
5世紀初頭にテオドシウス帝によって建設された大城壁に沿って旧市街の外周に設定された地区。

                                     wikipediaより


かなり古いアメリカ映画だけどミッドナイトエクスプレスイスタンブールが舞台です

アメリカ人の青年が麻薬を持ち出そうとしてイスタンブールの空港で捕まり,劣悪な環境で自分を見失いそうになりながらもトルコの刑務所から脱走するという、実話の映画化らしいんだけど、トルコではこの映画は上映禁止になっています
あまりにもトルコが悪く描かれているから、らしい・・・

それはともかくとして、この映画に、スルタンアフメットのど真ん中にあるプディングショップというお店が出てきます
(沢木耕太郎の「深夜特急」にも!)

ここはかなり昔からやっていて、ピッピー全盛の頃は情報交換の場所として有名だったらしい

私が初めて行ったときはそっけない安食堂みたいな感じで、店内の掲示板に旅の情報や友人あてのメッセージなどが貼られていました

ジュリアへ ○月○日まで、イスタンブールの○○ホテルに滞在しています  ルイーズ
ジョン&マリアへ  クリスマスにはインドのゴアで会おう   クリスより
                                             
そんなメッセージを読んでは大陸を自由に横断する欧米の若者達をうらやましく思いながらも、地球ってけっこう狭いのかも・・とワクワクしていました

時の流れとともにPudding Shopもこじゃれた、それなりの料金を取る店に変わっちゃいましたが・・・

いちばん最後に行ったのはすでに10年以上前だけど、店名のプディングだけじゃなくて、ネスカフェも泡立っていておいしかったなぁ

で、セルフなのに運んでは料金を吊り上げようとする店員がセコかった~アップロードファイル

日本語を完璧に操るトルコ商人やここの店員みたいなうっとうしい人たちもいますが困り顔イスタンブールのなかでも、このスルタンアフメットとガラタ橋周辺はその光景のなかに自分がいるということだけで感激に胸がアツくなる顔(きらきら)私の絶景スポットなのです


 ランキングに参加しています
         応援クリックよろしくお願いします
br_banner_kingyo_20090703165521.gif



スポンサーサイト

テーマ:旅の履歴書 - ジャンル:旅行

タグ:スルタンアフメット イスタンブール

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。