スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • home >
  • 読書 >
  •  「イルカと墜落」 沢木耕太郎

 「イルカと墜落」 沢木耕太郎

イルカと墜落イルカと墜落
(2002/03)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


沢木耕太郎を初めて知ったのは深夜特急で、出てすぐ読んで私のしたい旅はまさにコレだ!!と深く感動し、彼のような旅をしてきた

今でも、深夜特急は、バックパッカーの旅のバイブルといわれていて、日本人のパッカーで彼の名前を知らない人はいない

ダンナも好きなのでスポーツ関係のノンフィクションも含め我が家にも何冊もあり、たいてい読んでいると思う

私の深夜特急は今、息子が読んでいる


このタイトルを見たとき、何年も前にTVのニュースで彼がブラジルでセスナ機の墜落事故にあったことを思い出した

一報をニュースで目にしたっきり,それ以後のことはまったく耳にしなかったのですっかり忘れていたが、この本にはそのときの出来事が、くわしく書かれている

予知能力というのか、この旅に出る前の彼はいつもとは違った気持ちだったという

旅行のために電話の留守電メッセージを吹き込んだが、故向田邦子さんが台湾で飛行機事故にあって亡くなったとき日本のメディアで何度も彼女の留守電メッセージを流していたのを思い出してイヤな気がしたこと
(彼が向田さんの本のためにあとがきを書いていたときにTVで墜落死を知ったというのも因縁めいている)

ブラジルに向かう途中でアメリカの同時多発テロに遭遇し、足止めをくったこと

自分が乗るセスナ機のパイロットにふだんは全く人を第一印象で判断しないのに、好感を持てないと感じたこと

後から、同行した取材クルー(NHKのTV取材のための旅だった)に数日前から毎晩同じ時間に目が覚め、それがいつも4時44分だったとか、現地コーディネーターも42分、つまりシニン死人と符合していた話など、予兆めいた話も

読んでいて感じたのは、彼がノンフィクション作家だからなのか、終止客観的に自分の直面している出来事を冷静に受け止めていること

私だったら、きっと人一倍パニックになっているに違いない

そのとき私が思っていたのは、不安とか恐怖とかいうものとはまったく別の、きわめてのんびりしたものだった

少しでも機体を軽くするために荷物を機外に放り出すことになったときも、彼はパイロットの態度に(あいつがいけないのだ!)と心の中でつぶやきながら最初にパイロットの荷物(すごく冷静だ!)や缶ビールを投げ捨て、このアマゾンの熱帯雨林に文明と未接触のインディオがいたら空から降ってきた丸い筒状のものをなんと思うだろう、とおもしろがる余裕すらあるのだ

そしてどうやら、飛行機が墜ちるらしいということになって、思わず私の口をついて出てきそうになった言葉はこれだった。
ーーーーマジかよ!


奇跡的に(本当に奇跡的だったらしい)全員が怪我はしたものの一命はとりとめる

いちばん重傷だった彼は救急治療室に運ばれるが、そこでのブラジル人的おおらかな医者や看護士、患者をノンフィクション作家らしい視線で観察し、楽しんですらいるように思える

彼は心配しているであろう日本の関係者に送ったメールでこう言っている

それと、またひとつ、確かに思うようになったことがあります。
死とは、少なくとも僕にとっては、ただそこにあるだけのものだ、と。


しかし、沢木耕太郎は強運の持ち主だ

彼も自分の人生の運の大半を使って、その危機を脱したのかもしれなかった。と書いているが、読者である私たちもラッキーだったというべきだろう

彼の作品がまだ読めるのだから


応援ありがとうございます

今日もよろしくお願いします!

br_banner_risu.gif


スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

タグ:沢木耕太郎

comment

私は

本は読んだことがないのですが
大沢たかお演じる「深夜特急」のTV番組を見ました。
旅こぶたさん同様「こんな旅がしたいね~!」と妻と2人で言いながら
見たことを思い出します。

旅こぶたさんも旅で鍛えられてるので予知能力が高いのでは?


息子さんもきっとお父さんお母さんが歩んできた道をいくのでしょうね。  ^^
  • 2009/09/30(水) 22:49 |
  • トミー |
  • URL
  • [編集]

トミーさん

沢木耕太郎の「深夜特急」は旅のバイブルでした。
今でも読み返す大切な愛蔵書ですね~。
大沢たかお主演のTVもみました。
かっこよかったです。

予知能力、全然ないと思います(笑)
もしあったら私の場合冷静でいられないのでパニックになって対処できないのではないかと・・・

息子の部屋に読みかけのままの「深夜特急」がほおって置かれてました。飽きたのかな~・・・。
  • 2009/10/01(木) 15:29 |
  • 旅こぶた |
  • URL
  • [編集]

こんばんは!

旅こぶたさんに報告があっておじゃましました。
ブログのタイトルのことなのですが

「トミー&ジュミーの旅JOURNAL」

に変更いたしましたのでよろしくお願いいたします。 m(__)m
  • 2009/10/01(木) 22:51 |
  • トミー |
  • URL
  • [編集]

トミーさん

了解で~す!
私のほうでも直しておきますね。
  • 2009/10/02(金) 13:58 |
  • 旅こぶた |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。