スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリアン 旅の50音

「と」といえば  ドリアン!!

インドとともに 好きかキライか、はっきり二分化するであろう食べ物の筆頭ですな

日本では普通に売っていること自体少ないので、実物を見たことのない人も多そうだし、何よりウワサばかりが一人歩きしてそうな果物の王様ドリアンですが・・・

※ちなみに、果物の女王は万人受けするお味のマンゴスチンだといわれていますね
(たしかに子供達も夢中になるくらいおいしいけど、固い皮の部分が真紫色で指や服に付いたらなかなか落ちないので要注意です!)


                    ARS_Durian.jpg



ドリアンの原産地は東南アジアのマレー半島。タイ語ではトゥリアン(ทุเรียน)。学名のDurio=ドリアン属であり、このラテン語のもとになったdurianという言葉は、もともとマレー語で、刺duriを持つものという意味である。また、種名のzibethinusというのは、「麝香の香りを持つ」という意味の形容詞である。合わせて、麝香の香りを持ち、針を持つものという意味になる。
                                      wikiより

って、ことは東南アジアに行かないと食べられないんだ~

まあ、近所のスーパーでも売っているのを見たことはあるけど、ドリアン独特のあのニオイ(よく言われるのはのニオイですが・・・アップロードファイル)がほとんどなくて、小さいのに3,4000円はするしろものでしたが

もっとも最近ではタイでモントーンという臭いをおさえた改良品種も流通しているらしい

私自身は ドリアンまあまあ好きかな~

初めて食べたのはバンコクだったけど、スーパーでパック詰めされたものだったせいか想像していたより臭いも弱くて物足りなかったくらい

2度目は、ベトナムホーチミン

市場の入り口で客が選んだドリアンを鋭いナイフで割って売っていた

新鮮なのは見た目からも、客が次から次へとやってくることからもわかった

でも、私たち家族だけでこんな大きな丸ごとドリアン買って持て余さないかなぁ・・・

あ~、でも食べてみたい!!

結局 その大きなドリアンにナイフで切れ目を入れてもらってこっそりホテルへ持って帰った

なんでこっそりかって?


飛行機やホテルなど公共の建物にはドリアン持込禁止のサインがけっこうあるから

さいわい安宿だったので、フロントらしきものもなんなく突破

さっそく部屋で食べてみた

なんかむちゃくちゃうまいぞ!!

当時4歳の息子はほとんど食べないのをいいことに、夫婦ふたり無我夢中で食べた

グルメレポート風に言うと 濃厚なカスタードクリームがねっとりと口に広がる~アップロードファイル

大きなドリアンも割ってみれば食べられる部分はそれほどなくて、あっというまに平らげちゃいました

220px-D101_and_random_stock.jpg割ってみるとこんな感じ

200px-Durianpack01.jpgこの種のまわりを食べる

                          画像もwikiよりお借りしました

それから何年か後、バンコクのデパートのフードコートで食事をしたときのこと

激混みのなかようやくテーブルについて食事を始めたんだけど、なんか臭う・・・

トイレの近くでもないのになぁ、なんて思いながらふと前に座っているダンナのお盆を見たら

デザートのドリアン&もち米の練乳がけ←犯人はコイツだった!!

「くっさ~い!やっぱドリアンって臭うんだかお」と再確認

自分が食べているときは気にならないけど人が食べている臭いには耐えられない~

私のデザートはマンゴーにもち米を添えて練乳をたっぷりかけたもの

想像するとご飯に練乳?!なにソレ~びっくりかもしれませんが、とってもおいしかったおんぷ

日本では、え~?!と思うものもその国では当たり前っていうことって多い

コーンがかき氷のトッピングっていうのはタイでは当たり前だった

でも日本ではありえないし、先日ブログにも書いたけど、タイレストランでタピオカのデザートに普通にコーンが入ってて食べてみたけど、日本のコーンの味だから違和感ありまくり~手書き風シリーズ矢印下

で、ドリアンもやっぱり本場で食べるほうがおいしいと思います

日本では1万円くらいするのもあるけど、東南アジアの湿気のある暑さのなかで食べるほうが絶対おいしい!

食べるときはみんないっしょにね~うしし



応援ありがとうございます

今日もよろしくお願いします!

br_banner_risu.gif




                                     





スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:旅行

タグ:ドリアン タイ ホーチミン ベトナム

comment

no subject

はじめまして。仕立屋と申しますが、
ブログにコメントして頂きありがとうございました!
そして、いつもありがとうございます!
コメント頂戴してから、だいぶ経ってしまいましたが・・・

お子さんと一緒で旅行にも行かれているんですね。
さすがにインドは一緒には行きづらいかも知れませんが、
ぜひぜひ次世代の旅好きを育ててください(笑)

こちらは、これからイスラム圏が続くので、
いやおう無く「男子写真」連発になると思いますので、こうご期待を!
しかし、南国フルーツおいしいですよね。
こちらはしばらくの間、干し果物と肉の日々が待っていますが。

今後ともよろしくお願いします。
  • 2009/10/13(火) 18:20 |
  • 仕立屋  |
  • URL
  • [編集]

no subject

わお、ドリアン!まだ食べたことないんです。
カスタード好きだから、じゃあ私も夢中で食べるかも^^
  • 2009/10/13(火) 21:10 |
  • ゆずぴ |
  • URL
  • [編集]

仕立て屋さん

コメントありがとうございます!

最近更新されていないようだったのでキビシイ旅をしてらっしゃるのだろうな~、と思っていました。

「男子写真」ですか~、楽しみにしていますよv-411
ドライフルーツと肉の日々・・・
日本にいると「エスニック料理、食べたい」と思いますけど、そればかり続くと飽きてきますよね。
体に気をつけて旅を続けてくださいね!

またブログに遊びにうかがいますv-290
  • 2009/10/14(水) 09:41 |
  • 旅こぶた |
  • URL
  • [編集]

ゆずぴさん

なかなか食べるチャンスない果物だけど、ぜひチャレンジしてくださ~いv-398
食べる前のあの臭いで受け付けない人もいるけど、口に入れちゃえばおいしい・・・・かも!

日本にも納豆とかくさやがあるわけだしね。
  • 2009/10/14(水) 09:46 |
  • 旅こぶた |
  • URL
  • [編集]

no subject

ドリアン、かなり前にスーパーで見かけたことあります。
すごい気になったんですけど、いろんな先入観から手を出す勇気が出ませんでした…(笑)。

あんまりお目にかかれないけど、今度またどこかで出会ったら、
チャレンジしてみようかなと思いました☆

kaoriさん

そうそう!!
スーパーで何度か見かけたドリアン、きっと店側も売るつもりはないんだろうなぁ、と思いつつ・・・
だってたぶん田舎のオバチャンとか初めて見る果物だよね。
にもかかわらずなんの説明もなくデ~ンと目立つ場所に鎮座(笑)する3000円もするドリアン、それもたった1つ!

おみやげにはドリアンキャンディなんていう手ごろな物もあるよ。
  • 2009/10/16(金) 17:15 |
  • 旅こぶた |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。