スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランブラス通り散歩とバルのランチ

サグラダ・ファミリアを後に、地下鉄で旧市街のあるゴシック地区へ

ホームへの通路でこんなヘンテコなポスターを発見

地下鉄で見つけたあやしい日本語 ブログ

スペインでも寿司ブーム?!

が、盛り付けのセンスがイマイチ

あやしげなおいしいという日本語からしてなんちゃって寿司の匂いがアップロードファイル


ゴシック地区の目抜き通りランブラス

まずは まっすぐ海へ向かって歩き、コロンブスの像へ

           コロンブスの像 ブログ


道路にごろんと転がっているかのようなマカロニのオブジェが!!

               マカロニのオブジェ ブログ

その後も、街の中のいたるところでごろんごろんしているのを見た

どうやらパスタ会社の宣伝らしい

夜にはしっかりライトアップされるという芸術的なマカロニです

ランブラス通りは、元旦のため清掃がされていないので、昨夜のカウントダウンで盛り上がった名残のゴミやら、割れたビンやら、酔いすぎた誰かの残したものアップロードファイルやらで、街の中はかなり汚い&危険な状態

夕方ごろからやっと清掃人が仕事を始め、翌日にはきれいな街並みが戻りましたが・・・

ランブラスの道路の真ん中は広い歩道というか歩行者天国になっており、カフェ、花屋、ペットショップ、そして大道芸人たちがたくさんいるので歩いてて楽しい

ミロのモザイク ブログ

石畳の歩道にはミロのモザイクが音符

大道芸人はほとんどの人が、体中銀色や金色、中には緑色に塗りたくって銅像のマネをしている

よ~く見てると、レベルもまちまちで「お~!!」じーと目をみはるような微動だにしないウマイ人もいれば、お金を払うには値しないような人も・・・

写真撮りたかったけどありません、小銭なかったので・・・

なかには、写真ず~っと撮ってたくせにチップ渡さないセコいねえちゃん女性もいて、「払え(たぶん)」といわれているのに堂々と無視!

前回来た時泊まったホテルはこの周辺で、たぶんあのヘンかなぁと話しながらブラブラ

かなりおなかもすいたので、食事する場所を探しつつ歩く

この通りのレストランの高さは、前回来たときに最初の夜に入った中華屋がバカ高だったのがいまも悔しい思い出として残っているくらいなので、店先のメニューをガン見

私はタパスを食べたかったので、メニューにカラマリなどが載っているところを探す

その間も空腹と疲れでダウン寸前の子供達がうるさいので、ダンナが「じゃ、ここでいいよ。」と入ったのが

     バル
あれ、よく見るとセルベッセリアと書いてある(ビールをのませる店ってことですね)

メニューには日本語を始めいろんな言語が載っているんだけど、カラマリ(イカのフライ)らしきものは・・・う~ん

ふと周りを見渡せば、客は外国人とおぼしき観光客ばかり

えっ、やっちまった・・・のか絵文字名を入力してください

もしかしてあの中華屋の二の舞か?!

それでも、南アジア系のウエイターに薦められたピンチョスやらエビのフライやらをオーダー

娘が自分の頼みたかったものを無視されたと思い込み(オレンジジュース、しっかり頼んだあるのに・・・)イジけモード突入
                         絵文字名を入力してください

                      ピンチョスを前にいじける ブログ

ほっぺたふくらましてイジけている娘はほっといて、運ばれてきたものをパチリ

ピンチョス

じゃがいもが入ったスペイン風オムレツ、パンにトマトを塗っただけのパン・コン・トマテ、そして大皿に載ったオープンサンドがピンチョス

バスク地方のタパスのことらしく、全部違ったものが載っている

こりゃ、早い者勝ちということで・・・

私が食べたのは  クリームチーズとジャム、プルポ(たこ)とパプリカ、チョリソ、生ハムなどのピンチョス

ほとんど全てにつぶしたじゃがいもがパンの上に塗ってあって、味付けはかなりオイリー

パン・コン・トマテは、トマトをすりこんだだけと思われる水っぽさ

食事に大きな期待を抱いていた息子の表情は(イジけていた娘はエビのヌードル巻きフライで元気になる)

《う~ん、こんなものなの?》とイマイチ納得いかない表情ふむ

隣のドイツ人らしい青年ふたりはウエイターにすすめられてオーダーしたピンチョスをほとんど残して店を後にしたみたい

カウンターの前で実際自分で見てから指差しオーダーするんだったねこと悔やむも後の祭り

今度からそうしよう絵文字名を入力してください

会計を済ませたダンナ、「ウエイターにすすめられて頼んだあのエビが高かったんだよなぁ。」

でも、あのエビで娘の機嫌は直ったし、ま、よしとしよう

小さなエビが4尾しかなかったとしても・・・


br_banner_onsen.gif










スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

タグ:バルセロナ ランブラス

comment

あはは!最後のうけちゃいましたー。
写真を見ると彩りもきれいだし、見るからに
美味しそうなのにねー。
入って観光客見て「失敗か」って
思っちゃうあたり、すごい!そういう選び方が
あるのかーと目からウロコです。
  • 2010/01/24(日) 20:21 |
  • あいあい |
  • URL
  • [編集]

oyisi

ってスペル自体・・想像がつく・・なんちゃって感ですね~(爆) こんばんは!!

デカマカロニ・・笑えます・・ライトアップするんですねぇ! びっくり! 意外と綺麗かもですね・・ちょこちょこ街の至る所にあると・・・

銀色の人・・いますねぇ・・あれって身体に悪いと聞いた事があるので、最近はその勇気にチップです・・

ピンチョス・・とても美味しそうに見えますが・・
お酒を飲む場所だから・・味は適当なんでしょうかね。。ヨッパさんには味わからないから・・

高い!?? エビでしたが・・お嬢様のご機嫌なおって良かったですね(笑)
  • 2010/01/24(日) 21:35 |
  • sakiちゃん |
  • URL
  • [編集]

あいあいさん

やはり観光客目当ての店と現地の人に人気な店は違うかも・・・
各国語のメニューがあったり、現地の人が入っていないようなところは、高め設定だったり、味もイマイチのところあるよ。

でも、今回2回も行っちゃった店はガイドブックにもしっかり載っている店だったけど(爆)
  • 2010/01/26(火) 11:08 |
  • 旅こぶた |
  • URL
  • [編集]

sakiちゃん

あのポスター、写真わかりにくいかもしれないけど、囲碁みたいに寿司を並べたり、整列してたり、盛り付けのセンスが悲しいの~。

マカロニはカウントダウンで盛り上がったであろう翌日だったので、中にゴミなんかが詰まってそうでしたが、なにもなくてそれには感心したよ(全部のマカロニ確認したわけじゃないし、たまたまかもしれないけど)
街中もパリなんかに比べたらキレイだったしね。
同じラテンなのに・・・。

あ~、sakiちゃんも全身金&銀の人、見ましたか!
あれって、たぶん素肌に塗っていると皮膚呼吸できないからよくないんだよね。
バルセロナの人たちは顔以外は服の上から塗ってあったからきっとだいじょうぶ、かな?
一度、スーパーで緑色の人と遭遇してビックリしました~。

ピンチョスに限らず、使うオイルの量がハンパじゃないので、たいていのものは脂っこすぎますね~。
タパスは本来ビールなんかを飲みながらつまむものだから、sakiちゃんにはうれしい食べ物かもねっ!
  • 2010/01/26(火) 11:20 |
  • 旅こぶた |
  • URL
  • [編集]

写真ではめっちゃ美味しそうに写ってるのに~~(笑)
写真を見た瞬間(文章を読む前)思わず「食いて~」と思ったし^_^;

デカマカロニ面白~い。
海外ではなんでも大きくしますね~。
これ、日本でなら米粒を大きくしよう的な感じかな?(笑)

  • 2010/02/02(火) 12:30 |
  • maruco |
  • URL
  • [編集]

marucoさん

写真ボケてましたけど、おいしそうでした~?
べつにマズくはなかったんですが、オリーブオイルが~v-390
あまり好きじゃないんです~
marucoさんは好きですか?

マカロニに対抗して米v-411
笑わせてもらいました
う~ん、そうきたか~v-356
  • 2010/02/02(火) 14:10 |
  • 旅こぶた |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。