スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メダカの冬用別荘

いまさらなんだけど、先週末、白ちゃんずを冬の別荘にお引越しさせました

といっても発泡容器にソイルや浮き草、ホテイ草、ウォーターミントの鉢植え、流木などを入れて水合わせの後、放流しただけなんだけどね

予定ではめんどくさいので冬場もそのままベランダのビオトープで冬越しさせるつもりでした 

なにげなくネットを見てたら関東近辺のここよりは暖かい(と思われる)地方でも冬にそなえて家に入れたり防寒対策をしている愛好家が多いのを知り、急にソワソワ

大急ぎで準備したってわけ

あいかわらず計画性ゼロです(汗)

だって、シロちゃんずの住まいは我が家のなかでもいちばん日当たりのいいベランダなので、いまだに昼ごろになると天気のいい日には水面に顔をだしてひなたぼっこしてるし、寒さなんてへっちゃらみたいなのよ~

でも、まあ、確かに夜はかなり気温が下がるしね・・・

春になったらいっぱい卵産んでもらわなきゃだし、みんな元気に冬越えしてもらいたいよね

ちょうど白ちゃんずを通販で購入したときの発泡容器が残っていたのでそれを利用

フタの中心をくりぬき、落ちたクズをエサと勘違いして食べてしまわないようにガムテープでくるむ

そこにこれまた家にあった透明のしたじきを適当に切って貼り付けると・・・窓が完成!

暖かい昼間はフタを開けて、夕方になったら閉めるようにすればバッチリだよね(自画自賛)

ん?空気穴は?やっぱ必要?

ってわけで、四隅に丸い穴を開けてできあがり~

空気穴に関しては必要ないと言う愛好家の方もいましたが、なんだか心配な私はあけてみました

発泡容器はコンクリートに直に置くと冷気が心配なので、ガーデニング用の木の板を4枚重ねた上に置いてます

突然の環境変化に対応できるかな、と不安だったけどウォーターミントや浮き草を入れていた小さい水鉢の水をそっくり使ったので水質も安定していたみたい

放流直後はじっとしていたけど、翌日は水面を泳いだり日向ぼっこしたりとりあえず元気そうです



メダカ冬越し別荘

メダカ発泡容器フタ付窓付~

メダカがいなくなったビオトープ
主がいなくなったビオトープでは陶器の金魚がさびしく・・・
      
直接土に植えたため残された姫すいれんや水草たち
春まで元気でいてくれるかな~






スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。