スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムステルダム散歩  1993

久しぶりに旅の話を、といってもタイトル見たらバレバレですね

もう 10年以上前の話です。



アムスに行ったのはドイツで働き始めて半年経った待ちに待った初Urlaub(休暇)でした。

ドイツとは隣ということもあって、あまり違いないんじゃ、と期待してなかったんですが なかなかどうしていい街でした



有名なアンネフランクの家、マダムタッソーの蝋人形館、ちょっとマイナーなところでは、拷問博物館やハッシッシ博物館なんてユニークなのも!(もちろん行きましたよ。特に、拷問博物館が興味深かったです。貞操帯なんてのもありました)

駅からまっすぐのびる大きな通り沿いにはSEX博物館がド~ンと建ってます。



有名な飾り窓にも行きました。

私が住んでいたハンブルクにもレーパーバーンという歓楽街があって飾り窓もありましたが、そこは鉄の扉があって中は見たことがなかったんです。

飾り窓といえば、イスタンブールにもあってどうしても行ってみたかった私は、同じホテルに泊まっていたオランダ人の男性旅行者と一緒に行ったことがあります。この時は、たくさんの人に聞きながら(オランダ人の彼は、体をクネクネさせて←女のつもり?!「こんな女性がいるところ。」などとゼスチャーしながら・・)やっと、たどり着いたそこもやはり扉で入り口にはトルコ語で「(たぶん)18歳未満入場禁止」の文字。

私たちが入ろうとすると、ポリスが私をひきとめ「GIRL,NO!」

結局入れなかった私は、この数年後、ダンナと一緒に行った時再びチャレンジ。

ショートカットでジーンズ姿、ネパールではダンナと手をつないでいた私は地元の人」に「お前達は ゲイか?」と聞かれ、花の都パリでは、女子トイレに入ろうとしてオバサンに「あなたは、あっちよ。」と言われた私です男に見えないこともないでしょ。

が、そういう時に限ってしっかり女と見られて、ひきとめられました。

ポリスはひとりにしておくのは危ないと思ったのか、交番のようなボックスに招き入れてくれ、チャイまでふるまってくれました私に気が付いたスケベおやじがはやしたててもおまわりさんと一緒の私、ボックスの中から見える飾り窓(ちょっとだけ見えた!)や行きかうオヤジや若者達を観察。

話が、大きくそれましたが、アムスの飾り窓ですね

ここは、ハンブルクとイスタンブールの2か所に行った私にはとても開放的に思えました。

私のような女性見物客もチラホラ、男性同伴でしたがいました。

ホントに飾り窓が通りの前面にバーンってかんじであって、部屋の中には下着姿の女性が通りを行く男性を挑発してます。

私は、立ち止まって見たわけじゃないけど(←当たり前だって。あくまで通行人をよそおってた。)女の人達はみんなスタイルよくて、きれいだったと思います。

金髪、褐色の肌、東洋人もいました。

時々あったカーテンの閉まった窓は、お仕事中だそうです。



この界隈はコーヒーショップが多くあります。

「それがど~した!」と、思ったアナタ、コーヒーショップとはハッシッシが吸える店のことなんです。

オランダはソフトドラッグが合法化された数少ない国。

店の入り口には産地の書かれたメニューがあります。たばこを吸わない私は、ここはパス!

入ってみたい気はするけど。

近くには、規模は小さいけど チャイナタウンがあります。

どこに行っても、中国人はたくましく生きてます。

コルカタでも、スペインの田舎でも、安くておいしい中華料理が食べられるのは彼らのおかげです。感謝



オランダは同性婚も認められていて、ソフトドラッグも合法、安楽死も実際行われています。

だからといって、オランダ人が退廃的ということは全くなくて、むしろ明るく、街もきれいで、おとなの国だな~と、感じました。

アムステルダムの話というより、各地の飾り窓の話になっちゃいましたが、なんで飾り窓?

それは、興味があったからです。

実際行ってみて女だからダメ、といわれたからますます行ってみたい→行って見てやる!と思いがつのってしまったんでしょうね~。

自分の興味あることしか書いてないから私自身は思い出しながら書いてるのも楽しいんだけど興味のない人にとっては、全く役にたたないし、つまらないかも、と思いつつもこれからまだまだ思い出の旅日記は少しずつ続いていくとおもいます。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。