スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド~私の「物乞う仏陀」体験

石井光太氏の物乞う仏陀を読んで自分の物乞う人々との体験を思い出し書いてみることにしました

                   エスニックラインピンク


私が初めて旅行したのはもう20年以上前のトルコでしたが、当時のトルコでもやはり物乞う人々はかなり目にしました

現地の友人が、ごく自然に差し出された手にポケットの小銭を渡していたのを覚えています

その後も、ひとりでバックパック背負ってアジアやヨーロッパ、中東などを旅していた私は貧乏旅行だい!とイキがっていて彼らには目を向けようとはしませんでした

一人に与えるとキリがないから誰にも与えない

そう決め込んでました

でも、本当はどう接したらいいのかわからなかったというのが正直な気持ちでした

特にインドでは物乞いも、路上生活者もそれまで行ったどの国よりもたくさんいました

特に、印象的だったのがコルカタ(当時はカルカッタ

来る前に読んだ本にはこう書いてありました

「世界最悪の居住環境」という不名誉な評価を受けているカルカッタには100万人を超える人口を持つ巨大なスラム街があり、40~50万人の路上生活者がいるといわれている」


私が宿泊していたのは、安宿街として有名なサダル・ストリート

旅行者相手の安いレストランやカフェ、ホテルがたくさん集まった通りなんだけど、その道の両側にはずら~~~っと、路上生活者が暮らしていて、そこを通る観光客に声をかけながら、道のすみっこで食べたり、寝たり、公共の水道の前で体や食器を洗ったりして暮らしていました

私も道に座り込んだ女性から声をかけられました

最初のうちは「Hello!」と声をかけられてもねだられるのだろうと思い無視していました

でも次の日、声をかけてきた彼女に「Hello!」と返すと満足げにうなずいただけで、洗っていた皿に視線を戻したのでした

すごく恥ずかしかったです、彼女を乞食としか認識していなかった自分が・・・

彼女はただ通りかかった外国人にあいさつしただけだったのに・・・

それからは滞在中に毎朝そこを通るたびに彼女とはあいさつしあう仲になりました


                     エスニックラインピンク


彼女とともに印象的だった人がいます

バスターミナルでの出来事なんだけど、発車前のバスに女性の物乞いが乗り込んできて歌い始めました

でもあまり上手な歌い手とはいえずお金を渡している人もいない様子

別な日にそこへ行った時、また彼女を見かけました

彼女は赤ちゃんを抱いており、地面に座り込んで熱心に赤ちゃんの髪の毛をとかしつけているところでした

何度の何度もていねいになでつけると、赤ちゃんを抱き上げていとおしそうにながめていました

ただそれだけの光景なんだけど、まるでそこだけが別世界のようでした

赤ちゃんを抱いた彼女の姿がとても美しく感じました



                    エスニックラインピンク

でも、物乞いのなかには思わず目をそむけたくなるような人たちもたくさんいました

アグラの駅で会った10歳くらいの少年は、象皮病らしく片足だけが遠くから見てもすぐわかるくらいパンパンに腫れていました

足の指一本一本がまるで風船のようにふくらんで、歩くたびにプルンプルンゆれていました

動くこともできないほどの衝撃

彼はベンチに座った私の前に来ると手を差し出しました

彼の顔を見ないように「No」と言うのが精一杯でした

(どうして、医者で診てもらわないの?どうしてニコニコ笑っていられるの?自分はどうしたらよかったんだろうか?)

頭の中はもうパニック状態でした

彼はというと、となりのホームにやってきた外国人観光客を見つけると、私のもとからサッと離れ、すばやく線路に下りてとなりのホームに移っていきました

少年にバナナをあげる外国人観光客をぼんやりながめながら、私はずっと混乱していました



もう10年以上がすぎましたが、いまだに物乞いに対してはどうしたらいいのかわからないまま

ただ、自分が母親となって、やはり小さな子供が物売りをしていたり、ボロのような服を着て手を差し出されたりすると、とても心が痛みます

お金を渡そうかといつも思うのですが、お金を渡すその行為自体が傲慢なのではないかと考えたりすると結局なにもできずにやり過ごしてしまっています




 生意気にもブログランキング参加してます

応援していただけるとうれしくて舞い上がっちゃいます♪

banner_br_sakurabird.gif










                    














スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

タグ:物乞い インド カルカッタ コルカタ サダルストリート

comment

う~ん、難しい。。。

旅こぶたさんは本当に各国にバックパッカーとして行かれてるから、いろんな経験されてるんですね・・・
私のパスポートにはホノルルのスタンプしかありません(笑)
物乞い、その場になったら、私も避けることしかできないかも
Helloと声をかけてくれたその女性とのエピソードに心がぽわぁとしましたv-398
  • 2009/03/01(日) 23:14 |
  • マカプウ |
  • URL
  • [編集]

No title

ハワイは行ったことないのです。
物乞いなんかいないのかな?

私の理想は自分があげたいと思った時に、サッとかっこよく渡せるようになることですが、財布を出そうかどうしようか迷っているうちに相手がいなくなってしまう・・・というパターンが多いんです。
  • 2009/03/02(月) 15:24 |
  • 旅こぶた |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。