スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の50音  「に」~ニューヨーク 

久しぶりの更新
そういえばまだカンボジア旅行のことも途中だったんだけど、今日は、50音


今日のお題は「に」ニューヨーク

パリもベルリンもシンガポールもそうだけど、いろんな民族がそれぞれの暮らしをしている街って活気があって大好き

ベルリンに住んでいた時はよくクロイツベルクのトルコ人街をうろついて屋台のケバブを歩きながら食べたり、トルコスーパーに行ったりしたっけ

パリに旅行した時も、フランス料理のレストランよりユダヤ人街でファラフェル食べたり、カルチェラタンのマグレブレストランでクスクス食べたり、ベトナム人街でフォー食べたり・・・


そんな意味でニューヨークもまた行ってみたい街のひとつ

ニューヨークに行ったのは息子がまだ1歳になったばかりの時だから、もう13年も前か~

当時住んでいたドイツからブリュッセル経由で7時間くらいかかった

宿泊したのはニューヨークのど真ん中のホテル
大きいだけがとりえって感じのおばけでも出そうなホテルだったけど(笑)

もう4月だっていうのに異常気象で雪が降ったりしてさんざんな目にあったけど、毎日ベビーカーを押して通りを歩き回り、地下鉄に乗ってあちこち行ったりして楽しかったな

朝は、ホテル近くのカフェテリアでコーのんびりとパンケーキの朝食を取りつつ、屋台のベーグルやドーナツをテイクアウトしてコーヒー片手に早足歩きの働くニューヨーカーの姿をながめては
(映画と同じだ~!かっこいい~)と感動したりして

都会だから旅行者には冷たいかと言うとそんなことなくて、路上でベビーカーに乗った息子の姿を見たサラリーマンらしきおじさんは突然立ち止まって満面笑顔で息子に「Hello~!!」と声をかけてくれたり、

ハーレムではいっしょに信号待ちをしていた黒人の赤ちゃん連れのママから「何ヶ月?」「うちはね~」と話しかけられたり、

マンハッタンモールというショッピングセンターに行った時はエレベーターでいっしょになった女子中学生らしき軍団にキャーキャー言われたり(息子がね)、けっこう子連れだったからか地元の人が関心を示してくれたのにはびっくり

日本じゃサラリーマンのおじさんが赤ちゃんに関心示すなんてありえないもんね


チャイナタウンで飲茶したり、ホテルの近くにはコリアンタウンがあったのでそちらでも何度かおいしい韓国料理を食べたなぁ

他にもインド系やベトナム系の店でも食べた~

最近は日本でも東京あたりだったら本格的なエスニック料理は食べられるし、横浜や神戸には中華街はあるけどあれは観光地だもんね

だから旅行に行くとまずは○○人街とかについつい足が向いてしまうんだよね~



テーマ:旅の履歴書 - ジャンル:旅行

ナガバオモダカの開花と赤ちゃん、その後

ビオトープ歴2年目にして初めてのメダカの産卵と孵化を経験して、毎日ベランダで過ごす時間が長くなった旅こぶたです

ビオトープのその後ですが・・・

つぼみがあったのには気づいていたんだけど、やっと開花しました

たぶんこれは昨年オークショオンで落札したウォーターマッシュルームのおまけとしていただいたナガバオモダカ

Wマッシュルームは繁殖しすぎたので思いっきりカットしたため写ってないけど、この水草も何気に元気いっぱいです

小さな白い花がかれんですね~
なんの花?8月

そして、メダカの卵ですが・・・

毎朝、ホテイ草を持ち上げて根っこに付いた卵を確認してます

実はあれからまもなく母親メダカの青ちゃんが☆になってしまい・・・(泣)、どうなることかと思っていたら
まだ小さなヒメダカ数匹がおなかに卵をくっつけて泳いでいるのを発見!

数は少ないものの、ほぼ毎朝、卵4,5個は見つけては〔メダカ保育園〕へ入れてます

保育園の様子は、親用ビオトープに比べて水が濁っているのもあって小さな赤ちゃんたちは観察しにくいんだけど、よ~く見てみると今現在、12,3匹はいるんじゃないかなぁ

減っている様子はないのでたぶん順調です!

そんな茶碗ハスの〔メダカの保育園〕と親メダカビオトープの様子
卵発見!8月

茶碗ハスとはいってもこの大きさ!

娘の頭と比べてみるとよくわかるでしょ?

そしておまけ

娘が学校から持ち帰ったオクラ
オクラも生長8月


かなり大きくなってるんだけど、食べごろがわからずそのまま・・・

もう食べても大丈夫かな?

テーマ:** ビオトープ ** - ジャンル:趣味・実用

メダカの採卵と・・・赤ちゃん!!

たいへんです!おろおろピヨ

昨日の朝、ホテイ草の根っこにメダカの卵を発見しました~

目を近づけてじっくり見てみると・・・あっちにも、こっちにも!

全部で10個以上は見つかりました!

昨年はネットショップで購入した白メダカが1匹も落ちることなく元気だったのに、一度も産卵することなく手放してしまったので自分チのメダカが産卵したのは初めてのこと

とりあえず親のビオトープからは隔離しなきゃいけないので茶碗ハスの水鉢に入れてみた

(孵化するまでどれぐらいかかるのかしらん)とワクワクしていたら、さっそく水鉢をのぞきこんでいた娘の声

「おかあさ~ん、メダカの赤ちゃんがいるよ~!」

いくらなんでもそれはないだろ~よ

「ミジンコじゃないの?」と言いつつ見てみると・・・

おどろくピヨ
マジで糸クズのような赤ちゃんが泳いでいるじゃないですか~!!!

なんで?なんで??

ってことはですよ、少なくとも何日も前から卵は産み付けられていたわけで、私は毎日メダカのおなかやホテイ草を確認していたにもかかわらず気が付かなかった、とそういうことではないだろうか・・・

う~~ん

思い返してみると、ここ数日青メダカの1匹がおなかがふくれていて(とうとう産むのか?)とワクワクしてた私

でも全然おなかに卵付けていなかったので病気なのかも・・・と心配だったんだっけ

採卵したとき、全部透明で黄色っぽかったので有精卵であるのはわかったし、うちひとつは卵のなかに黒い小さな目らしきものも確認できたので(あと数日で生まれるかも)とは思ったんだけど、たぶんあの直後生まれたんだね~

すごい、すごい~!!

稚魚専用ビオトープ〔保育園〕では現在、6~7匹の小さなメダカが泳いでいます

まだすっごく小さくてミジンコと同じくらいの大きさしかないんだけど、ちゃんと目もあって小さいながらもしっかり魚の姿をしていて泳いでいる姿はめちゃくちゃかわいい

たぶん今まで何匹も親メダカのビオトープで孵化していたんだろうなぁ、と思って水面を見ていたら葉っぱのうえに小さな小さな1匹を発見

そ~っとすくって稚魚用ビオトープ〔保育園〕へ移動させる


メダカって毎日のように卵を産むっていうけど、今朝は5,6個くらいしか採卵できなかった

稚魚の生存率もかなり低いらしいので飼育はむずかしそうだけどがんばって成長してほしいなぁ


生まれてくるものがあれば☆になるものもありで、今回ネットショップで購入した青メダカは6匹中2匹しか残ってません

ホームセンターで買い足したヒメダカ10匹も今6,7匹になってます

増えすぎるのも困るけどこれ以上おとしたくないなぁ


せっかく生まれた赤ちゃんたち、写真に撮りたかったんだけど、あまりにも小さいため写せません

残念

テーマ:**金魚&めだかの世界** - ジャンル:ペット

青メダカが来た~♪

ヒメダカと茶碗バスを購入後、あっけなくメダカたちが☆になって行き最初6匹だったのがついに最後の1匹に・・・
生き残りのヒメダカも葉っぱの影に隠れていることが多くてなんか元気がない

おまけに昨年買った姫睡蓮・茶碗バスともに、肥料をやってもイマイチいきおいがなく花が咲く様子もなし

昨年はベランダに出てビオトープを眺めるのが楽しかったのになぁ~

メダカがすいすい泳ぎ回るビオトープじゃなきゃ!!

やっぱ・・・メダカ購入しちゃう?

どこで買おうかな~

近所のホームセンターでもいろいろな種類のメダカは売ってるんだけど、この前死んでいてそのままにされているのを目撃したのでそこではもう買わないと決めた

ネットオークションでは愛好家が出品しているのも多いし安いけど、どうせ送料がかかるなら専門のショップのほうがいいかな

昨年ネットショップで購入した白メダカはとても元気で無事越冬して震災後の引越しがなければいまでも飼い続けていたはず(泣)

うん、またあのネットショップで買おう!

この真夏に宅配便での配達には不安だったけど、なんとか6匹全員無事に到着しました

今回購入したのは、青メダカ

と言っても、別に青い体をしてるわけじゃなくて白に比べると体が透き通っていて上から眺めると背中に筋がス~ッと入った感じ

ついでに、水草ウォーターポピーも購入

今年になって水草たちがてんでバラバラに自己主張を始めた結果、ビオトープが収集つかなくなったため勢力拡大しすぎのウォーターマッシュルームを大幅にカットし、姫トクサは茶碗バスの方に引っ越しさせる

最近、ヤフオクで500円の火鉢もゲットしていたんだけど、送ってもらう直前まで灰が入っていたらしくかなり臭うため今灰汁抜き中で生体はまだ入れられない

というわけで現在ビオトープは3つあるんだけど、たぶんいちばん安定した水質を保っているであろうメインの水鉢にメダカを迎えた

そして、2日目の今朝・・・

青メダカ 2匹が☆に・・・

なんで~??

かなりのショックです

届いたときはみんな元気だったのに~

もしかしてまだ水に慣れていない昨日エサあげたのがいけなかったのかな~

う~~ん

どうか残り5匹みんな元気で、卵を産んでくれますように

ビオトープ、いじりまわしたせいで水がまだ濁っているので今度写真撮ります

テーマ:***ベランダガーデニング - ジャンル:趣味・実用

茶碗ハスとメダカ

メダカと茶碗ハス購入予定!と書いてからずいぶん経ちました(笑)

買ったのはいいんだけど、ハスを入れるちょうどいい植木鉢がなかったり、土を買い足したりしているうちに、6匹買ったヒメダカが2週間ほどでたった2匹に

買いに行ってからもしばらく水槽の前で悩んだんだけど、結局1匹21円のヒメダカを買ったのがいけなかったのか・・・

でも、ヒメダカもオレンジ色でかわいいんだよね~、なによりお値段がかわい~い


ビオトープ’11・7・14 (2)
こちらベランダのビオトープ全体図


黒い鉢の(といってもわかりにくいか)ワサワサ草が茂っているほうにメダカ2匹が入ってます

ウォーターマッシュルームとウォーターミントの根っこがかなりはびこっているせいか(雑草にしか見えない・・・)メインのはずの姫スイレンが元気がない

これじゃ今年も花が咲かないどころか葉っぱも増えないなぁ

一応、買った肥料をあげてみたけど・・・

ユーカリの横の青いプラスチックは娘が学校から持ち帰ったオクラ、手前の鉢が茶碗ハスとメダカの産卵用に準備した(はずの)ホテイ草

なんか統一感のない絵ですが





ヒメダカ
メダカのアップ

2匹いるうちブチ柄のメダカはこの後しばらくして☆に・・・(泣)


ビオトープNEW
ちなみにこちらが購入当時の様子

成長してる?

鉢数が減っているのはハーブ類(ミント、レモンタイム、ローズマリー)をひとつの大きな鉢に寄せ植えしたため

でもそれが悪かったのか枯れかかっているような・・・

ハーブの生命力に期待してしばらく様子見かな


メダカは・・・今のままだと卵を産む可能性は限りなく低いので、買い足しを考えてるんだけど、またヒメダカにするか、ちょっとお高めの白か青にしようかでまた悩んでます




テーマ:***ベランダガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ベランダビオトープ、再び

昨年すっごいハマっていたビオトープ

原発事故による避難生活や引越しで遅くなっちゃったけど、現在も継続中です

ビオトープの植物〔ウォーターミント、ウォーターバコパ、ウォーターコイン、姫睡蓮など〕は運送時に水を抜いた状態でこちらに持って来れたので今も元気にスクスク育ってます

ベランダも少し広くなったのでユーカリグニ、ミント、レモンバーム、ローズマリーなどハーブも買い足してみました

我が家のシンボルツリー(と私が決めた)ユーカリは枯らしてしまったので、これが実は3本目(汗)

最初に買ったのは嵐の日に折れてダメになり、2本目は原発避難で長期家を空けていたため水切れでベランダの植物はビオトープ以外全滅

今度こそは大きく育て~!


ビオトープといえば今でも残念なのが、原発事故による避難生活~引越しのバタバタで連れてくることがかなわず、娘の学校の池にお願いして放流してきた私の大切な白メダカと金魚たち

なんとか冬越しできたのにシーズン目前であんな事故が起きてしまい、メダカを増やす計画が頓挫

メダカ欲しいなぁ~、なんて思いながら今日、買い物途中にホームセンターをのぞいていたら・・・

白メダカ&青メダカ198円、黒メダカ50円、ヒメダカ21円ですって

お高い楊貴妃メダカや白ダルマメダカなどもあったけど、そちらはあくまで目の保養にしておいて、心のなかはもうすでに(どれにしようかな~♪)

すごく広いホームセンターなのでビオトープ植物も種類が多く、睡蓮や蓮もいろいろありました

今年は蓮にチャレンジしようとネットショップで見ていたんだけど、つぼみ付でネットショップよりかなり安い

お~っ!!私が欲しかった茶碗蓮もある~蓮


今日は食料品だけで荷物がいっぱいなので明日出直すことにして後ろ髪ひかれる想いで帰宅

明日には私のビオトープに蓮の花とメダカが仲間入りします♪

テーマ:日記 - ジャンル:日記

バイヨン~宇宙の中心

アンコール遺跡群観光2日目はアンコールトム
大きな町という意味通り、広い範囲に遺跡群が点在している

昨日と同じドライバーのおじちゃんの運転するトゥクトゥクに乗ってまずはバイヨンへ
娘は小さい頃バンコクでもトゥクトゥクには乗っているんだけどあまり覚えていないらしい
風を感じながら田舎道を走る快感に目覚めたらしくかなり興奮気味

バイヨン入り口
バイヨン入り口

バイヨン正面

観世音菩薩の四面塔が並ぶ寺院バイヨンはアンコールトムの中央にあり、神々の住む聖域であり神が降臨する場所でもあったらしい、まさに宇宙の中心
神秘的な表情の四面塔は全てが違った表情を持つ

窓からのぞく四面仏

穏やかな四面仏

朝もやの中を行く象
朝もやの中を観光客を乗せていく象の姿がとても印象的

バイヨンを堪能した後は歩いて象のテラスへ

このあたり観光客を乗せたゾウがたくさんいたのですれ違いざまに触ってみたらザラッとしてるんだけど暖かさが伝わってきた
それを見ていた子供たちもあとから来るゾウに触ろうとチャレンジ
ダンナはその様子をビデオに収めようとスタンバイ
が、間近で見る象の大きさに圧倒されふたりとも思わず後ずさり・・・
次にチャレンジをするも怖気づいた娘は兄に前に押し出されてビビりまたも触れず
ゾウが来るのを待って娘もようやく触れたけど、半泣き状態の姿はしっかりとビデオに撮られてました

仏様を奉っている祠
私は、娘のゾウ待ちの間、仏像の奉ってあるお堂のそばで休憩~

ぶらぶら歩いて象のテラス、ライ王のテラスへ

長々と続く象のテラス
象のテラス

ここではDSで写真を撮っている日本人らしきおじさん発見
携帯で撮影してる人はよく見るけどDSって・・・はじめて見た(笑)

テラスの上からの眺め
テラスに登って勝利の門へ続く道を眺める

王宮跡
その反対側には王宮が見える

昨日は暑さと人の多さでぐったりだったけど、今日は8時半に出発できたので涼しい時間にゆっくり見学できてよかった
やはり遺跡観光は午前中の早い時間がおすすめです


     よかったらのぞいてみてね!

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

オールドマーケット

旅先での市場見学をハズせない私にとって、シェムリアップの街は規模に対してナイトマーケット、ヌーン・ナイトマーケットなど市場の多いうれしい街
オールドマーケットはおしゃれなカフェやレストランが並ぶエリアにあるので観光客は必ず行くであろう最高の立地
到着の夜、散歩しがてらのぞいたセンターマーケットは品揃えがイマイチなのにやたらうるさく声をかけられて、ちょっとテンション気味だったのでここはひとつリベンジをしたい

翌日の午前中、さっそく行ってみた
まだレストランやカフェは開店準備中のせいか観光客の姿もチラホラ
そんななかで地元の人が大勢出入りしているところが・・・
地面に直に野菜や果物などを広げた横を人がすれ違うのもやっとな狭い通路を進んでいく
店によっては1mくらいの高さの台(?)の上に商品を並べてそこに座って商売をしているおばちゃんも
中が薄暗いうえに地面も水で濡れているせいかなんかディープなアジアの雰囲気(笑)

市場ぶらさがるソーセージ
これはソーセージ屋さんかな

市場にて
クメール風スカーフ〔クロマー〕のターバン巻きをしたThe カンボジアのおばちゃんって感じの人発見

市場で売られていたクモの素揚げ
ひょえ~~
クモの素揚げ
息子に「買って食べてみて」とお願いするも却下されたので写真におさめただけ
お盆の半分は空っぽ
けっこう売れてるのか?

豚の頭
肉コーナーでは豚が目をむいてました
子供たちはどこへ旅行に行ってもこういうモノを目にしてるから動じる様子もない
アジアはもちろん、パリでもバルセロナでも毛皮をむかれたウサギや牛の頭など見たもんね(笑)

かんたんな食事や甘味屋台もあるので食べたかったけど、自分の胃袋が軟弱なので遠慮しときました

ひさしぶりにヤフオクに出品してみました
よかったらのぞいてみてね

tabikobuta&chaiへようこそ!

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ドクターフィッシュマッサージとアプサラダンスショー

アンコールワット見学までのあいた時間、シヴォタ通りをぶらぶらしていたらおもしろそうなもの発見
クメール式マッサージの店に混じってドクターフィッシュマッサージだって

看板


ガイドブックでナイトマーケットにはあるの知っていたけど他にも店がかなりある様子
「ね~、やろう!やろう!!」とおおはりきりの娘
だいたい15~20分で3$前後、サービスでドリンク付きというのが相場みたいだけど、魚が入っている水槽の衛生状態と数の多さはかなりまちまち
ひどいところでは死んだ魚を取り出さないため共食いされているという悲惨な水槽も
結局シヴォタ通りにある女の子ふたりがおしゃべりに夢中でやる気なさそうだけど、水が澄んでいてきれいな店に決定

Dフィッシュのプール


大きな水槽のふちが座れるようになっているのでそこで20分
小さな魚が古い角質を食べてくれるというこのマッサージ
まずは足の臭さにおいては誰にも負けない息子が水槽の中に足を突っ込んだとたん、群がるDフィッシュたち

汚い足に群がるDフィッシュ

Dフィッシュ

Dフィッシュ2


ワクワクしつつ私もそっと足を入れると・・・
キャ~~、くすぐったい~
つんつん、口で突っついてきます~!!
あ~、あっちからもこっちからも攻撃される~
はりきっていたはずの娘は兄の足に群がる魚の多さにビビリ気味
やっと足を入れるもなぜかドクターフィッシュは私と娘より息子とダンナのほうにより多く群がっている
きっと古い角質がいっぱいあるところを察知しているのだろう(笑)
コーラなどを飲みつつ20分、道行く人に足を止めて覗き込まれながらマッサージは終了

娘はとても気に入ったらしく「またやろうよ~」と言ってましたが、これ朝っぱらからやるもんじゃないね
その後アンコールワット観光だってのになんだか足がだるくなっちゃいました

                     ロータス
          


その夜はアプサラダンスショーを見に行きました
クーレンⅡというホテルのそばのかなり大きなレストラン
予約がなかったので早めに行ったんだけど、いい席はほとんど予約で埋まっていて私たちが座れたのはかなり後ろの席
でもオープン直後だったからなんとか正面の席をゲット
ショーが始まるまでは1時間ほどあるのでゆっくりディナー
入店してまずびっくりしたのがここのビュッフェの豊富さ
カンボジア料理を始め中華、洋食はもちろん日本食もどきのあやしい寿司まである充実ぶり
常時30種類はあるそうだ
もう子供たちはもちろん一家そろってテーブルとビュッフェコーナーの往復に忙しい(爆)

クーロンⅡのビュッフェ
これ私の料理皿
なんでこんなに盛りがしょぼいのか
あまりの種類の多さに少しづついっぱい食べようとしたらこうなってしまいました
子供たちは各自好きなものを選んで・・・と思っていたら、娘がオニオンリングを皿にメガ盛りにして戻ってきた
なんでも自分の皿に取ろうと手をのばしたら気を利かせた外国人観光客のおばちゃんがかわりに取ってくれたとのこと
家族みんなで分けて食べたけどね
汁そばや焼き鳥(サテ風)など料理人が目の前で調理してくれるコーナーもありましたが、私がいちばん気に入ったのがデザートコーナー

クーロンⅡデザート

クーロンⅡデザート2

特にココナッツミルクとだんごのお汁粉がめちゃおいしかった~
だんごはなかの餡が緑豆でこれがココナッツミルクと合う!
カキ氷に入れるバジルシードの食感もクセになっちゃうほどよかったし、
牛皮で餡をくるんだ大福風のものやねりきり風のものも微妙に日本のものとは違う味がよかった~
デザートはひととおり制覇
満腹~

メインのショーはというと、私たちの前にロシア人カップル×2が来て(これじゃ見えない)とガッカリしたのもつかの間、彼らはなぜかショー開始からしばらくしたらいなくなった
でもやっぱり近くで見たいので私と娘は舞台の真横まで行ってジャマにならないように気をつけながら鑑賞
昨年のフラメンコショーでは「つまんない」とぶすくれていた娘も今回は成長したのかおとなしく飽きずに見ることができました

ショーの最後にはダンサー全員が舞台に出てくるんだけど、そのとき観客も舞台にのぼって撮影できるので私も娘をせかして舞台に上がらせて撮影してみました

踊り子さんと

その後私と息子もダンナに撮影してもらいました

踊り子と撮影

毎日同じことの繰り返しでいいかげん飽き飽きしてるのはわかるんだけど、ダンサーのお姉さんたち目が死んでます




テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

アンコールワットへ! 

今回のいちばんのメインであり、数年来ずっと行きたかった私の憧れのアンコールワット

いつものことながら行き当たりばったりの旅
事前予約は何もしてません
ドライバーを雇って(シェムリアップにはタクシーはないのです!)のんびり回ろうということでダンナがフロントに聞きにいくと・・・
車かトゥクトゥク半日または一日チャーターで値段が決まるとのことで、午前中の場合は遅くとも8時頃には出発するらしく(この時点ですでに10時くらい)今からは無理だそう
午後からならいいというので、しかたなくそれまで街をぶらぶらしてランチをすませることに
想像以上の朝食の豪華さとおいしさにがっつきすぎた罰か・・・


出鼻をくじかれた感もありましたが、気を取り直してチャーターしたトヨタに乗り郊外の遺跡へGO

途中、平屋の建物がありドライバーのおじさんにうながされ車を降りてチケットを購入
3日券ひとり40$なり(娘はタダ)
その場で写真を撮影してチケットに貼り付けてくれる

しばらく行くと遺跡の一部が見えてくるが、ガイドブックにも載っていないようなマイナーな遺跡らしく、立ち止まって見学している人の姿はなし
前夜H氏も言っていたけどアンコールワットと一口に言っても広大で点在しているので全てを見ようと思ったら2週間くらいはかかるらしい

広い城壁と川が見えてきた
アンコールワットだ
「3時間後にここで待っているから」と言われ携帯を持たされる
長い参道を経てあの独特な3つの塔を持つ遺跡へ足を踏み入れる

Aワット参道

実は、感動よりも第一印象は残念のほうが大きかった
だって、修復中のグリーンのネット(というのだろうか)が悪目立ちしすぎ
世界各国が遺跡の修復を支援していて今回私たちが訪れたこのアンコールワットはドイツ(何度も言うけどこのネットなんとかならんかい)、アンコールトムは日本、タプロームはインドによって行われていた

さすが世界有数の遺跡だけあって外国人観光客が多いこと
日本人ももちろんいたけど、以外に多かったのが韓国人
シェムリアップの街中にも韓国料理の店が多かった
ただ韓国語を話すカンボジア人ガイドはまだいないみたいで、いつ見かけても韓国人ガイドだった
ツアーではないのでガイドがいない私たちは何気なく近くに寄って日本語の説明を聞いたり(笑)ガイドブックを読みながらゆっくり見学

レリーフ2
有名なレリーフ乳海攪拌

デバター
繊細なデバター(女神)のレリーフ

子供たちは興味ないのでついて歩いてるだけ
そのうち「暑い」だの「疲れた」だのブーブー
挙句の果てに塔の上に年齢制限で登れなかった娘が不機嫌に

この塔に登った
いや~、この塔、とてつもなく急な階段で怖かった~

Aワットで休む僧侶
こんなステキな光景がみられました
アンコールワットで休息する僧侶

水面に映るAワット
アンコールワット全景が水面に映ってきれい


私たちは早起きできなくて断念したけど、ここからの日の出を見るのも人気らしい
午後は暑いし人も多いので遺跡見学は午前中のほうが絶対おすすめ!

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

旅こぶた

Author:旅こぶた
もとバックパッカー主婦。好きなのはインド、トルコ、イスラエル、タイ、バリ島などなど・・・。今はもっぱら家族旅行ですが、赤ちゃんのころから旅に連れ歩いていた子供たちもやっぱり旅好き。夢は家族でインド長期旅行!
旅日記のほか、趣味で作ったハンドメイド作品の記録も。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。